飲食店のためのホームページ制作!格安で簡単に作成する方法

\有料テーマを試して選ぶ新常識/
New Standard 14日間無料体験

 

飲食店において、ホームページはもう一つの看板ともいうべき存在です。ホームページはインターネット上で2つの重要な役割を果たしています。一つは店舗のホームページを持つことで、店舗の存在をインターネット上で示し、お客様の流入口となること。もう一つは、グルメサイトへの掲載では実現できない、店舗の特性、特色をお客様に伝え、来店へ誘うことができることです。ホームページは、集客のための非常に重要なツールとなります。

でも、いざホームページを作ることを考えると、なかなか踏み切りづらいのも本音でしょう。制作会社に依頼するのは高いため予算的に難しいが、自分で作るのも自信がない……。実はそんな声を弊社でも耳します。そんな方向けに、見栄えにもこだわり、格安で簡単に飲食店のホームページを作成する方法をご紹介します。

「もう、肩を落として帰るお客さまを見たくない」 私たちがWordPressテーマのあたらしい定番をつくる理由

飲食店がホームページを制作するうえで重要なポイント

まず、ホームページを制作する上で、重要なポイントを確認しましょう。ホームページの閲覧者はお客様になり得る重要な存在です。検索などの方法でアクセスしやすいこと、ホームページを見たお客様が来店したくなる情報を伝えることが特に重要となります。お店として伝えたいイメージをきちんと整理して、来店したくなるホームページにしましょう。

料理がおいしく見える

お店の主商品となる料理をおいしく見えるように撮影、掲載しましょう。また、画像とともに料金も明確にし、コメントを記載することで、お客様はより料理への関心を持ちやすくなります。

メニュー、サービスをわかりやすく伝える

料理やドリンクのメニューを整理して並べ、品揃えをアピールすることも、お客様の来店のためのアプローチとなります。セットやコース、定食などがあれば、システムが明快にわかるようにし、利用のハードルをできるだけ下げることが大切です。

営業時間・店舗へのアクセスを分かりやすく

ホームページを見て来店してくれるユーザにとって、店舗の営業時間、アクセスといった基本的な情報は必須となります。これらの情報がホームページ上に掲載されていなければ、多くのユーザは来店をあきらめてしまうでしょう。

お知らせ情報の分かりやすさ

店舗からのお知らせ、最新の情報がホームページ内の目立つところにあり、ユーザに伝わることも重要です。特にコロナ禍の状況では、営業時間や曜日の変更などを確認可能にすることで、ユーザに安心感を与えることができます。

店の強み、こだわりを伝える

店舗の強みとなる点、魅力が伝わるホームページであることが重要です。特に競合他社との差別化を図る意味でも、味、品揃え、価格、コスパ、提供速度、立地などの自分の店舗のメリットを明確にして打ち出す必要があります。また、レストラン、定食屋、居酒屋などお店のジャンルもわかるようにしておくと、お客様が迷いづらいです。

集客・マーケティングの方針を決めておく

店舗にお客様を集めるための工夫もホームページには重要です。お客様が店舗に訪れたくなる様な情報を掲載しましょう。クーポンや限定のサービスメニューの掲載も手段の一つです。

SNSとの連携

Facebook、Twitter、Instagram等のSNSによる情報の発信についても、ホームページと連携させることでより一層効果を発揮します。タイムラインなどのSNSの機能をホームページに取り込んで有効活用します。

お店の雰囲気

ホームページでは、飲食店内の雰囲気も伝えます。静止画、動画を使ってユーザが来店したくなる雰囲気のアピールを行いましょう。

レスポンシブ対応(スマホ)

レスポンシブ対応とはPC、スマートフォン、タブレットなど様々なサイズの画面上でのWebサイトの表示を自動的に調整し、最適化して見栄えをよくするための機能です。飲食店のホームページの場合、ユーザはスマートフォンからのアクセスも多くなることが想定されます。多くのデジタルデバイスに対応したホームページとすることが重要となります。

ホームページの作成方法

ホームページに掲載する重要ポイントがまとまったら、ホームページの作成に取り掛かります。低予算であまり技術的な知識が無くても簡単にホームページを作ることができる方法をご紹介します。

制作会社へ依頼

ホームページ制作を専門とする会社へ制作を依頼することは、ベーシックな手段の一つです。費用は20万円~が主流ですが、格安の制作会社ならば5万円程度で作れる場合もあります。

ホームページ制作会社を利用するメリットは、プロによる品質の高いホームページが作成できることです。デザイン、コンテンツ、SEO対策(検索エンジン対応)などを高い品質で制作することも可能です。ただし、格安の制作会社を使う場合は、制作工程を簡略化しているため細かい要望には沿えないこともあります。

デメリットとしては、こだわり過ぎるとサイト制作費用が高くなり過ぎてしまうことがあるでしょう。また、以降のホームページ更新に関しても更新費、管理費が取られる場合が多いため、ランニングコストも必要となります。

フリーランスへ依頼

フリーランスのWeb制作者にホームページ制作を依頼するという方法もあります。クラウドソーシングを利用することで、フリーランスのWeb制作者を探すことが可能です。費用はピンキリで、1万円を切るホームページ作成の依頼も存在しています。

フリーランスに依頼する場合のメリットは、ホームページ制作会社に依頼するよりも費用を抑えられることがあることです。フリーランスは会社組織に属しておらず、その分経費が安く済むため、費用を抑えやすいです。但し、決まった料金メニューがあるわけではなく、交渉次第となることも多いでしょう。

フリーランスへ依頼する場合のデメリットは、品質にバラつきがあることです。会社に依頼する場合、ホームページには一定の品質を期待することができます。フリーランスは技術力など優れれている人もいますが、一方で一般の方が副業でやっている場合もあり、どのようなホームページができてくるかは依頼先により大きく変ってしまいます。また、交渉や調整を行う必要もあります。

WordPressテーマを購入し、自分で作成

ホームページ作成の手段の一つとして、飲食店の経営者、従業員が自分でホームページを作る方法があります。特に、CMSと呼ばれるブログのようにホームページを更新できるツールの普及により、Webに関する深い見識がなくとも見栄えのよいホームページを簡単に作りやすくなりました。

CMSの中でも大きなシェアを持つのがWordPressです。WordPressにテーマを導入してホームページ作成をすることで、あまり技術力が無くとも見栄えの良いホームページを自分で作れます。テーマはホームページのデザイン、構成、骨組みなどを変更可能なテンプレートです。

WordPressそのものは無料で利用できます。これに加えて、サーバーのレンタル費用、ドメインの取得費用、WordPressのテーマ購入費用が必要となります。サーバーのレンタルは月数百円~、ドメインも1000円~、WordPressテーマは無料から存在します。国内トップクラスの導入例を誇るWordPressテーマ「New Standard」は3万円を切る価格で購入可能。集客に強く、魅力的な機能とデザインを簡単に実現できます。

WordPressテーマを購入して、自分でホームページを作成するメリットは、ホームページを自分の思い通りに作りこむことができることです。制作会社やフリーランスに依頼した場合、認識のズレにより思ったものと違うものができてしまうことがありますが、自分で作成する場合には自分の意図通りのホームページとすることができます。ホームページ運用開始後も自分で好きなようにメンテナンス可能です。また、更新費用、管理費用も発生せず、ランニングコストを抑えることができます。

デメリットは学習コストがかかること。マニュアルやインターネット上の情報により、わからないことは調べることが可能ですが、慣れるまでは少し勉強が必要かもしれません。「New Standard」には初月無料のテクニカルサポートがついているため、ホームページ作成に不安のある方でも安心して利用できます。

事業用WordPressテーマ「New Standard」は、飲食店の事例も豊富

WordPressテーマ「New Standard」には、飲食店のホームページ作成事例も多数あります。

飲食店の制作事例紹介

台湾キッチン 叙序圓

スッキリとしたデザインのサイトで清潔感があり、飲食店として好印象です。

えびす亭

トップのステーキ画像が迫力があり、お店の魅力を伝えてくれています。

手打ちそば 花いかだ

落ち着いたデザインのホームページから、静かに食事を楽しめるお店が想像できます。

他の事例は下記からご参照ください。

お客さま事例

New Standardが選ばれる理由

New Standardは多くの利用ユーザを持ち、紹介事例も200社以上。多くのユーザがホームページ作りにNew Standardを選ぶのには理由があります。

・業種を選ばないテーマなので、ビジネス展開をしながら柔軟にHPを変更できる

・実績が豊富なので、参考にできるサイトが多い(何のページを作るかなど参考にできる)

・テーマ単体の販売だけでなく、制作代行のメニューも豊富

・お知らせに限らず、トップページを含むすべてのページを手元で編集できる

・集客のプロであるWebコンサルティング会社が制作したテーマ

・お試し体験ができる

・初心者向けで、基本的にはカスタマイズ不要。要望があれば、有償でのカスタマイズ依頼もOK

・テクニカルサポートを用意

・マニュアルを用意

株式会社ninoyaの提供する事業用WordPressテーマ「New Standard」を利用すれば、困ったことがあっても相談できる環境が用意されています。30日間の無料相談も可能です。その他の便利な機能も充実しており、丁寧なマニュアルで初心者の方も安心してお使いいただけます。

NewStandardのテーマ購入は今がお得

最後にご紹介です。事業用WordPressテーマ「New Standard」では7月26日(月)〜8/1(日)の7日間限定で「テーマ単品10%OFF」キャンペーンを行います! めったにない割引キャンペーンですので、購入を検討されている方はぜひこの機会にお買い求めください。