レスポンシブ対応のWordPressテーマおすすめ5選!有料/無料【2021最新】

\有料テーマを試して選ぶ新常識/
New Standard 14日間無料体験

 

PC・タブレット・スマートフォンなど異なる画面幅でも、Webサイトが最適に表示されるレスポンシブ対応のWordPressテーマ(テンプレート)。

現在ほとんどのWordPressテーマでレスポンシブ対応がされていますが、どの画面幅でも表示さえできれば良いということではありません。

ユーザーにとって「使いやすい、見やすい」設計はもちろん、フォントの大きさ・メニューやボタンの操作性など、UI(ユーザーインターフェース)をどれだけ意識しているかもポイントです。

また個人・事業用などそれぞれの目的に合ったデザインテーマも重要ですよね。

本記事では2021年最新版として、レスポンシブ対応のWordPressテーマのおすすめを、有料/無料に分けて5選ご紹介します。

WordPressテーマの選び方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

レスポンシブ対応のWordPressテーマの選び方

「ここだけはおさえて欲しい」、レスポンシブ対応のWordPressテーマの選び方をご紹介します。

スマートフォンに対応しているか

現在リリースされているWordPressテーマは、そのほとんどがレスポンシブ対応となります。しかし、無料のWordPressテーマの中には、スマートフォンに対応していないものや、対応していてもボタンやフォントなど操作性が優れないものも。

有料/無料問わず、WordPressテーマを購入する際にはデモサイトが用意されている場合が多いので、必ず確認しましょう。

デモサイトを確認する際は、スマートフォンだけでなくPCや、所有している場合にはタブレットなど複数の端末でチェックすると良いです。

SEO対策が実施されているか

WordPressテーマの中には、レスポンシブ対応はされているものの、SEO対策までは導入されていないテーマもあります。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略となり、直訳すると「検索エンジン最適化」のこと。

WordPressテーマにSEO対策を導入すると、自社サイトが検索エンジンに評価されやすく、特に検索からの集客を意識する場合には重要です。

SEO対策導入済みのテーマを購入すれば、別途SEO費用もかかりませんし、テーマ導入後から検索エンジンに最適化されとても便利。

とはいえ、どういったSEO対策を意識すれば良いかわかりにくいですよね。

そこで、最低限「これはあった方がいい」SEO対策をご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

以下4項目を満たしているレスポンシブ対応のWordPressテーマを選ぶと良いでしょう。すぐ内容がわからなくても大丈夫ですので、WordPressテーマを購入する際には確認してくださいね。

SEO対策 内容
構造化マークアップの設定 GoogleのクローラーにWebサイトのコンテンツを適切に理解してもらうためのマークアップ方法。
titleタグの設定 Googleにページのタイトルを伝えるタグでSEOキーワードを挿入し、内容を32文字前後で要約できる設定。
descriptionタグの設定 Googleにページの概要を伝えるタグでSEOキーワードを挿入し、内容を120文字前後で要約できる設定。
パンくずリストの設定 Webページの階層構造をクローラーに適切に伝える設定。

 

SEOに強いおすすめのWordPressテーマまとめ!有料/無料【2021最新】

WordPressサイトのSEO対策!集客のプロが厳選した7つの設定

モバイル端末に最適化されたUIか

本記事をご覧頂いている方の中には、事業用にレスポンシブ対応のWordPressテーマを検討されている方も多いですよね。

そういった場合には、Webサイトを利用するユーザーが使いやすいUI(ユーザーインターフェース)であるかも重要。

ユーザーインターフェースとは、ユーザー(利用者)とWebサイトなどのインターフェース(接点)全てを意味します。

Webサイトの場合には、サイトの見た目はもちろん、フォントの大きさやメニュー、ボタンの操作性などユーザーが目にするもの操作するもの全てです。

たとえば、以下のUIを意識してレスポンシブ対応のWordPressテーマを選ぶと良いでしょう。

  • フォントの種類や大きさは見やすいか
  • ボタンやメニューは押しやすいか
  • サイト全体が見やすいか

管理画面は使いやすいか

WordPressテーマを選ぶ際には、ユーザー側の視点だけでなく、運営者側の視点で選ぶことも重要。

運営者側が「簡単に操作できる・更新できる」など使いやすい管理画面が備わったテーマを選びましょう。

たとえば、管理画面はプラグインなどの機能が多くなればなるほどごちゃごちゃとして、どこに何があるのかわかりません。

こういった場合、簡単に操作・更新できず非常に使いにくいです。

運営者目線で選ぶ場合、投稿機能・固定ページ・お問い合わせフォーム・ランディングページなど、使う目的に応じて最低限必要な機能がまとまった管理画面がおすすめ。

必要のない機能が完備された管理画面ですと、機能の把握に時間がかかり、使いづらいためご注意ください。

シンプルに、最低限必要な機能がまとまった管理画面が使いやすいです。

【有料】おすすめ!レスポンシブ対応のWordPressテーマ3選

さきほどご紹介したレスポンシブ対応のテーマの選び方に沿って、有料版WordPressテーマのおすすめを3選ご紹介します。

ご紹介する有料テーマは、レスポンシブ対応はもちろん、カスタマイズ性・UI設計・SEO対策までしっかり完備されています。ぜひ、導入するビジネスモデルに沿って検討してみてください。

※WordPressテーマを購入される際は、利用規約までご確認ください。改変やプラグインの使用、テーマの禁止事項などが記載されています。

TCD

TCD

TCDは、株式会社デザインプラスからリリースされているWordPressテーマのブランド。

コーポレートサイトや個人ブログ用だけでなく、レストラン・医院・アフィリエイト・美容サロンなどカテゴリーごとにさまざまなWordPressテーマが販売されています。

WordPressテーマを取り扱うブランドとしては、国内No.1、累計100,000ユーザーのシェアを獲得しています。

リリースされているテーマの多くは高機能で、ソーシャルボタンの設定・スマホ用のフッター設定・ロゴの設定などWordPress管理画面から自由にカスタマイズ可能。

とはいえ、さまざまな機能が用意されている分、初心者にとっては使い方をマスターするまで時間がかかるなど、多機能であるがゆえのデメリットが存在します。

また、レストランや医院など各カテゴリーに特化したWordPressテーマが多いため、事業内容の変更に伴いデザインを変更する場合は、別のテーマを購入しなければならないことも。

価格:12,980円〜39,800円(税込み)2021年3月8日時点

TCD

Emanon

Emanon

Emanonは、Web集客に特化したWordPressテーマで、スライダー画像や動画の挿入も対応できる6種類のデザインが用意されていて、メルマガ登録フォームやコンテンツのダウンロードも簡単に設置できます。

また、固定ページにランディングページを設定することもでき、個人事業主や中小企業におけるWeb集客を後押し。Webに詳しくない方でも安心して導入できるよう「テーマの設定」「集客方法」を無料でサポートしてもらえるサービスも付いています。

SEO内部対策・モバイルフレンドリーにも対応しているため、Web集客でお困りの方でレスポンシブ対応のテーマをお探しならぴったりでしょう。

価格:9,800円〜27,800円(税込み)2021年3月8日時点

Emanon

SANGO

SANGO

SANGOは、Webメディア「サルワカ」から誕生したWordPressテーマ。

開設1年で200万PVを超えたサルワカのノウハウを継承しており、居心地の良いデザイン、そしてモバイルユーザーが操作しやすいマテリアルデザインが魅力です。

アニメーションにJavascriptは一切使用されていないため、読み込み速度もスピーディーでスマートフォンユーザーにもぴったり。構造化データのSEO対策も実施済みのため、別途対策をする必要がありません。

一方で、実績のある有料テーマなのですがブログやオウンドメディアとは相性が良いものの、デザインパターンが1種類のみなので、コーポレートサイトには向かない場合も。状況に応じて使い分けが必要です。

価格:11,000円(税込み)2021年3月8日時点

SANGO

【無料】おすすめ!レスポンシブ対応のWordPressテーマ2選

無料版レスポンシブ対応のWordPressテーマを2選ご紹介します。

無料版テーマの注意点としては、気軽に導入できる一方で「有料版ほど機能が充実していない」「最新のWordPressバージョンへの対応が有料版ほど細やかではない」テーマも存在します。

こういった傾向から、特に事業用のテーマ購入を検討される場合には、有料版のWordPressテーマがおすすめ。

※WordPressテーマを購入される際は、利用規約までご確認ください。改変やプラグインの使用、テーマの禁止事項などが記載されています。

Lightning

WordPressテーマ「Lightning Pro」

Lightningは、白を貴重にした幅広い業種に対応するビジネス用のWordPressテーマ。

コーポレートサイトの導入に必要な「会社概要」「サービス」「お問い合わせフォーム」といった固定ページの作成から、コラムやブログなどの一覧ページの表示まで誰でも気軽に導入できます。

WordPressの公式ディレクトリに登録されているテーマなので、WordPress管理画面から簡単にインストールでき安心して使えます。無料版ですと必要最低限にまとまったシンプルなデザインが魅力ですが、さらに機能的に使いたい場合は有料版にアップデート可能。

価格:無料 2021年3月8日現在

Lightning

Xeory

WordPressテーマ「Xeory」

Xeoryは、コンテンツマーケティングで有名なバズ部からリリースしている無料のWordPressテーマ。

SEOに最適なGoogleのガイドラインに沿った内部構造を採用しており、無料ながらSEO対策もバッチリです。また、コンテンツマーケティングと相性の良いSNSでのシェアを行うための、シェアボタンも初めから完備されています。

コンテンツマーケティング専用の「ブログ型」と企業サイトに適した「サイト型」の2種類が用意されており、業態に応じて選択できる点が嬉しいところ。有料ですが、拡張機能も用意されているためいつでも追加OK。

価格:無料 2021年3月8日現在

Xeory

WordPressテーマ「New Standard」とは?

ここまで、レスポンシブ対応のWordPressテーマを有料/無料に分けてご紹介しました。

どれも魅力的なテーマではありましたが……

多機能すぎて困る

デザインが特化していて事業内容の変更など、テーマを買い直す必要がある

など、お客様の中には痒い所に手が届くWordPressテーマをご希望ではありませんか?

ここからは、レスポンシブテーマの選び方のポイントを全て満たしている弊社WordPressテーマ「New Standard」をご紹介します。

レスポンシブ対応のテーマ

New Standard

弊社WordPressテーマ「New Standard」は、完全レスポンシブ対応です。トップページのキービジュアルに設定するスライド画像もサクサクと手元で変更可能。通常なら手間のかかるレスポンシブ化も完全自動だからWeb初心者にも安心!

開発したのは日本のWeb集客コンサルティング会社ninoya

株式会社ninoya

完全レスポンシブ対応のWordPressテーマ「New Standard」をリリースしているのは、弊社「株式会社ninoya」です。中小企業さまのWeb集客を最大化する「Web集客コンサルティング」を展開し、「検索流入」・「広告流入」・「SNS流入」と3つの流れから年商数億〜30億円未満の中小企業さまをサポートして参りました。

Web集客を熟知しているninoyaの全てが、WordPressテーマ「New Standard」に凝縮されています。国内トップクラスの事例掲載数を誇る事業用WordPressテーマだから、以下の特徴であなたのWeb集客を完全サポート!

  • 業種・業態にとらわれないシンプルなデザイン
  • ブログ/SNS/ショッピングカート/ランディングページも簡単実装
  • 画像の差し替え/メニュー変更/配色/動画埋め込みまで直感操作
  • 検索流入/広告流入/SNSだってこれ1つでOK
  • SEO対策(構造化・title・パンくずリスト・description)等全て完備

サポートは全て日本語での対応!

国内トップクラスの事業用WordPressテーマ「New Standard」は、ユーザーマニュアル・テクニカルサポート全て日本語対応です。

Webサイトについて全く知識がない方でも、30日間無料のテクニカルサポート付きだから安心!WordPressやNew Standardの基本的な使い方からテーマ独自の設定までご納得のいくまでサポートします。

ちなみにユーザーマニュアルがとてもわかりやすいと評判で、テクニカルサポートをご利用のお客様は、10人に1〜2人しかいません。他社のWordPressテーマでは理解できなかった方でもお気軽にご相談ください。

有料でのサイト制作依頼もOK

New Standardの有料サイト制作

New Standardでは、パターンオーダー形式のサイト制作も完全対応しています。

従来のWeb制作では、デザイン・ディレクション・エンジニアなど複数のワークフローがあるため、工数がかかり費用も高額でした。

しかし、New Standardのパターンオーダー形式なら予め決められたフレームワークを元に、オリジナルで変更を加えたい部分だけオーダーメイドでご依頼可能

そのため、従来のサイト製作費約1/3の費用でご希望通りのオリジナルサイトを制作できます。他社のWordPressテーマでは、テーマの枠内でしかカスタマイズできないことが多いですが、New Standardならオリジナリティーでも妥協しません。

200社超の利用事例のご紹介!

NewStandard事例

New Standardは、2015年の発売より業種・業態問わず、あらゆるお客様にご利用いただいております。おかげさまで、事業用WordPressテーマとしての掲載数は業界トップクラスの200事例を突破!

シンプルで事業内容問わずに利用できるデザインと、New Standardのわかりやすい操作性、さらにはサイト1つで、SNS・ブログ・広告・ランディングページ・カート・お問い合わせフォームまで全てカバーできるから、皆様に喜ばれています。

事例ページで、お客様の生の声をお確かめください。

やりたい!ということを、社内ですぐに叶えられるようになりました。」と、とても嬉しいお声をいただいています。

1つでWeb集客の全てが詰まっているNew Standardならではの特徴ですね。

WordPressテーマ史上初!?14日間無料体験は、以下のリンクよりお気軽にお申し込みください。

まずは14日間無料体験へ

有料テーマを試して選ぶ新常識

最後にご紹介です。事業用WordPressテーマ「New Standard」では、14日間の無料お試し体験を設けています。有料テーマは買う前に試す。お客さまに購入リスクを負わせないことを大切にしています。

お試し体験では、専用サンプルサイトをお一人ずつお届けします。製品版と変わらないすべての機能をお手元で体験できます。

さらに、今だけの申込者限定の特典もご用意。テーマが気になった方はこの機会を逃さずお試しください。