【簡単に理解できる】コンテンツマーケティングとは|意味やメリットを解説

\有料テーマを試して選ぶ新常識/
New Standard 14日間無料体験

 

「コンテンツマーケティングとは、具体的にどんなものなのか?」
「それは自分の会社でも活用できるものなのか?」

この記事に来て頂いた方のほとんどは、こういった疑問をお持ちなのではないでしょうか?

コンテンツマーケティングとは、一般に「関連性の高い価値のあるコンテンツを作成して発信することで、ユーザーを惹きつけ、お客様に自ら購買行動を促す戦略的なマーケティング手法」と定義されています。

他社を参考に自社ホームページを作ってみたものの、この先どうすればいいのか分からない。
オウンドメディアを始めようという声はあるものの、何から始めたらいいのか分らない。

こらからホームページを作るつもり、ブログを始める予定なのに、漠然としすぎて手が動かない。

もし、御社のホームページを取り巻く状況がこのようなものなら、ぜひコンテンツマーケティングにチャレンジして下さい。
コンテンツマーケティングは、大企業なら大企業なりの、中小企業には中小企業ならではの方法が存在します。

御社には御社の、あるべきコンテンツマーケティングが絶対にあるのです。

この記事では、コンテンツマーケティングの意味やメリットを初心者の方向けに、基礎からわかりやすく解説、紹介しました。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングを考える前に、その真逆の営業スタイルを考えてみましょう。
お客様に直接アプローチする営業手法、ダイレクトマーケティングについてです。

飛び込み営業や得意先回り、テレアポ営業などがこれにあたるのですが、いかがでしょうか?
ほとんどの企業様では、こういった営業手法への反応が、年々悪化しているのを肌でお感じのはず。

B to Bでの得意先回りは、相手先担当者次第ではまだまだ有効なところもあるでしょう。
ですが個人客に限っては、直接営業は成果につながらないばかりか、企業イメージの悪化さえ招きかねない時代になりました。

そればかりか、転職市場でも新規開拓営業職は求職者からも敬遠され、万年営業マン不足という会社さんも多いはず。

インターネットの普及により、情報は自発的に収集するもの、できるもの、という認識が完全に行き渡りました。
わずらわしい対人折衝を嫌い、自分のことは自分で決めたい、そういうご時世なのです。
誰も彼もが、売り込まれるのを嫌う、企業にとっては非常にやりづらい世の中になってしまいました。

愛想よく迎えてくれる得意先担当者も、よほどの怠け者以外は、ネットでの情報収集を絶対に行っています。
現時点においては御社が選び続けられているのか、相手が個人的に来客を断れない性格か、のどちらかでしょう。

これはダイレクトマーケティングに限った話ではありません。
最近では、消費者もWebに詳しくなり、Web広告はツールで非表示にし、動画広告を流しても規定の秒数ですぐさまスキップされる有様。
あらゆる媒体で、セールス臭のするアクションは嫌われる傾向であり、今後も間違いなく拡大します。

そんな時代に対応した営業手法、戦略こそ、コンテンツマーケティングなのです。
典型的な御社の顧客像であるペルソナを作成し、その見込み客にとって有益でニーズのある情報を発信することで、商品を認知してもらい、お客様の購買意欲を高め、自らの意思で行動し、御社の懐に入ってきて頂きましょう。
お客様から嫌われることなく、むしろ感謝されながら、最終的には御社の商品・サービスを進んで購入してもらうのです。

ただし、コンテンツマーケティングは、コンテンツを作成したらすぐに成果が出る手法ではありません。
すぐに結果を出す必要がある場合は、やはりWeb広告に軍配が上がります。
コンテンツマーケティングの場合は、結果が見え始めるまで半年はかかると覚悟ください。

コンテンツマーケティングにご興味を持って頂けたら、もう少し掘り下げたお話を。

コンテンツマーケティングの活用例

まずは他社の成功事例を見てみましょう。
今回取り上げるのは、株式会社 クラシコムさんが運営する通販サイト『北欧、暮らしの道具店』です。

トップページではなく、同社が日々アップし続けているコンテンツ一覧ページへリンクを貼りました。
コンテンツを少し見て頂き、あわせてトップページの雰囲気などもご覧になってみて下さい。

さて、ご覧いただけましたでしょうか?
実はこういった記事では、あまりリンク先まで見てもらえないケースが多いのです。
今回はご覧頂きませんと、先の話と繋がりません。
少しで良いので、リンク先『北欧、暮らしの道具店』のホームページのチェックをお願いします。

あらためまして、いかがでしたでしょうか?
非常にシンプルでミニマムで、おしゃれな雰囲気のいい感じのショッピングサイトですよね。
写真の使い方もハイレベルですし、何より日々更新されているお役立ちコンテンツが社内オリジナリティ溢れていて好感がもてます。
質も素晴らしいですし、あれだけの数のコンテンツを日々準備するのは大変なこと!

表示にお気づきの方もおられたでしょうが、同ショップ専用のスマホアプリが100万ダウンロードを達成したというのも頷けます。

さて、そろそろ皆さんの中から、
『あんな大手さんのホームページ見せられても、ウチみたいな中小には参考にならないよ』
などという声が聞こえてきそうですね。

弊社内では『どことなく「無印良品」さんのページのような雰囲気を感じた』なんて感想も聞かれました。
もしかして皆様の中にも、同じような感想を持たれた方がおいででしょうか?

だとしたら、運営会社クラシコムさんの大勝利ですね。

『無印良品』ブランドを運営する、株式会社 良品計画さんは一部上場企業で、資本金は約67億円。
方やクラシコムさんは、なんと・・・未上場で資本金800万円の中小企業。
資本金だけでいえば、800倍以上の違いがあります。

資本金だけで単純に比較できないのは当然ですが、両社の間に超えられれない壁があるのは誰にでもわかります。
ですが、少なくともWebで与えるイメージだけなら、巨大人気企業に肉薄するものを感じさせました。

驚いて頂けましたでしょうか?
これが、コンテンツマーケティングの力、注目されている理由なのです。

どうです?
これはやらない手は無いんじゃないですか?

コンテンツマーケティングの市場規模

インターネットによる一般大衆の意識改革の結果、売り込み営業の時代は終わりました。

Webの世界では、日本の数年先を行くと言われるアメリカ。
ある調査によれば、アメリカのB toC 企業の約9割で、コンテンツマーケティングが実施されているそうです。

細かなデータ、詳細な内訳、全て必要ありませんよね。
大事なのはそんな些末な話ではありません。
日本も、コンテンツマーケティング全盛の社会に、確実に向かっている。変化しているのです。
重要なのは、その事実のみ。

ですが現状では、日本でのコンテンツマーケティング普及率は、まだ半分にもなっていません。
この、日本の状況をどう捉えますか?

『ああ、まだ半分以上の会社ではやってないんだな』
などと安心してしまうのは問題外ですが、
『そう必死にやらなくても間に合いそうだな……』
などと考えてしまうのも、危機感が足りなすぎます。

日本国内で9割の会社が激しい競争をする時代を、どんな状態で御社は迎えたいですか?
一刻もはやく、コンテンツの蓄積を始める、中小企業ならなおさら、それ以外の選択肢が見つかりません。

コンテンツマーケティングを行うメリット

アメリカの状況を考えるまでもなく、今後の企業の成長のためにはコンテンツマーケティングの成功は必須条件。
御社も、今すぐにでも始められることを強くおすすめします。

しかし、通常業務を行いながらのコンテンツの蓄積は、決して簡単なものではありません。
限られたスタッフで運営せざるを得ない中小企業にとっては、日々挫折との戦いになるでしょう。

にもかかわらず、先行企業は何をモチベーションに、日々の作業を継続しているものなのか。

この項目では、そもそもコンテンツマーケティングを実践することで得られるメリットとは何か?
について触れてみたいと思います。

安価で資産となるコンテンツを作れる

コンテンツマーケティングでは、日々御社の業務に沿ったジャンルのコンテンツを積み上げて、メディアを通してユーザーに提供します。
詳細は後ほどお話しますが、一つのジャンルに絞られた多数の良質なコンテンツ群は、Google(検索エンジン)より高い評価を受けます。

さらに、たゆまず更新を継続することで、SEO的には資産とさえ呼べるほどの安定した集客力が獲得できるでしょう。
当然ですが、御社のライバル企業よりも先んじれば、その分だけ有利になるのは間違いありません。

この理想的な状態が、無料とは言いませんが、社内スタッフだけで制作が出来れば固定費のみで、外注化しても記事は比較的コストを抑えて依頼することが可能なのです。

顧客のロイヤリティを高めやすい

コンテンツマーケティングで積み上げるのは、訪問者の役に立つコンテンツ。
当然ですが、あなたは自社の業務に関してはプロフェッショナルですよね。

そこで作成するコンテンツは、一般のブロガーの記事とはまた一味違う専門性の高い活きたものになるはず。
御社の商品・サービスに興味がある、または潜在的な需要をもったターゲットには、非常に価値の高いものです。

しかも定期的に新しいコンテンツが増えていく。
何度も訪問しているうちに、訪問者は当然のように御社への好感度を上げていくことでしょう。

コンテンツマーケティングにより、自社へのロイヤリティを持った顧客を次々と作ることができます。ブランディングにもつながります。

コンテンツマーケティングの効果を高めるポイント

コンテンツマーケティングの基礎、事例、将来性、メリットと、見てまいりました。
アメリカのB to C企業の9割という、ほぼ全社と言っていいレベルで実践されているのも、頷けるというもの。

ですが、残念ながらコンテンツマーケティングは、やればやっただけ同じように成功出来るわけではありません。
同じような密度と時間で努力したとしても、得られるリターンには大きな差が生じることでしょう。

毎日毎日、メインの業務をこなしつつの、コンテンツ積み上げ。
コツコツと継続してはみたものの、大した成果を上げることが出来なかった……。
そんな悲しい結末を避けるためにも、コンテンツマーケティングの効果を高めるポイントについてまとめました。きちんと仕組みを作り始めることが重要でうs。

KPIを設定し継続的に効果検証を行う

どんなに素晴らしい人が作成したコンテンツであっても、効果検証は必要です。
記事作成に不慣れな方の手によるコンテンツであれば、なおさら。

いくつも記事を書いていけば、自己流であったとしても、それなりに上達はしていきます。
段々と自分の書いた記事のファンになってしまう……誰だってそうです。
ですが、その進化がGoogleの高評価を受けない方向だったら。
効果検証をしなければ、間違った方向に一生懸命歩みを進めるのと同じです。

公開したコンテンツをしっかりと分析&検証し、次どうするかの検討を行いましょう。
キーワードは、KPI。
日本語で言ってしまえば、重要業績評価指標。
もっと簡単に言うと、複数の数値目標を設定しましょう、ということです。

コンテンツマーケティングで設定すべき数値目標とは何でしょう?

最低限設定すべき数値は、

  • 商品の注文数、セミナーなどイベントへの申込数など
  • ホームページからの問い合わせ数
  • 記事への流入数
  • 設定したキーワードの検索順位
  • FacebookやTwitter、インスタグラムといったSNS関連(フォロワー、いいね、リプライ、シェア数など)

などになります。

『SNS?ソーシャルメディアは、ウチはやらないよ?』

などと言わないで下さい。
メディアへの集客施策のひとつとして、SNSもまずは記事の更新情報からでも始めてみることをおすすめします。

この他、ダウンロード用に作成した顧客向け資料、ホワイトペーパーなどがあれば、そのダウンロード数や、メルマガの登録者数などもKPIになります。

こちらのアクションに対する数値化できるリアクションは、すべて目標として、メディアを運用しましょう。

専門性や権威性の高いコンテンツを作成する

Googleが重要視する、SEO評価基準『E-A-T』をご存知でしょうか?

(1)Expertise(専門性)
内容に統一性があり、問題解決の可能なコンテンツが随時更新されており、情報の網羅性も高いサイト。

(2)Authoritativeness(権威性)
被リンクが多く、他のサイトやSNSでも記事がひんぱんに取り上げられているサイト

(3) Trustworthiness(信頼性)
記事のオリジナリティが高く、運営者情報や企業情報が明確に表示されているサイト。

このようなサイトには、高いSEO評価を与え、検索結果で上位に表示させる。
そう、Google社が明言しています。

(1)(3)は、皆さんは自社商品の専門家で知識も豊富ですから、自分たちの手元で頑張れば解決が可能な問題です。
記事のオリジナリティという部分では、記事を外注した際は十分なチェックを忘れないように。

問題は、(2)ですね。
KPIの項目でSNSをおすすめした理由はこちらになります。

いずれも一朝一夕ではどうにかなるものでもありません。
日々、少しずつ積み重ねていきましょう。

コンテンツの見え方にこだわる

デザイン方面の話ではありません。
コンテンツの内容に踏み込む話でもありません。
あなたの記事が画面のパッと表示された瞬間に、『読んでみようかな』と無意識に思ってもらえる見え方をしているか?です。

初見の訪問者は、本当にパッと見の雰囲気だけで瞬間的に読むか読まないかの判断を冷徹にくだします。
ご自分がネットサーフィンされている状況を考えれば、理解できるはずです。

画面にギッチリと文字を詰め込んでいませんか?
一つの文章が長すぎませんか?
逆に短すぎる文章だらけもダメですよ?
画像を適切に使用していますか?
漢字ばかり、ひらがなばかり、といったバランスに欠ける文章ではありませんか?
文字サイズの使い分け、箇条書き、太字、色文字、マーカーを適切に使用していますか?

いくらコンテンツが素晴らしく、検索結果で上位表示されても、第一印象で離脱されてばかりでは無意味です。
ホームページは、訪問してもらってからが本当の勝負なのだということを、肝に銘じましょう。

コンテンツマーケティングを成功に導くWebサイトを制作します

コンテンツマーケティングについては、

  • 今後のマーケティング、営業スタイルで主流となっていくこと
  • 遅かれ早かれ、ほとんどの企業が始めてしまうだろうこと
  • 自社が先んじるためには、一刻も早くコンテンツの蓄積をスタートさせるべきこと

これらの事実は、ご理解頂けたと思います。

ですが、『コンテンツさえ良ければ、あとは何でも良い』とはなりません。
コンテンツマーケティングの成否に影響するポイントは他にもあります。
その一つが、コンテンツを展開させるホームページの作り方そのものにあります。

端的に申し上げれば、ホームページはWordPressで作成し、実績のあるテーマを利用すべし、ということ。
弊社の New Standardも、自信をもっておすすめできるビジネス向けのWordPressテーマです。

New Standardの強みは、ズバリ売上につなげる集客力。
集客コンサルティング会社として培ったノウハウをしっかりと詰め込みました。

集客に強い理由

コンテンツマーケティングの実施は、基盤となるサイトの仕様で打てる施策も変わってきます。
New Standard なら、豊富なコンテンツマーケティングの知見に基づき、最適なWebサイト制作をご提案します。

Webサイトの構築に伴う質問や現時点で感じている課題などもあるかと思いますので、まずはお気軽にオンライン相談よりお申し込みください。

1 to 1 コンシェルジュ

NewStandardのテーマ購入は今がお得

最後にご紹介です。事業用WordPressテーマ「New Standard」では7月26日(月)〜8/1(日)の7日間限定で「テーマ単品10%OFF」キャンペーンを行います! めったにない割引キャンペーンですので、購入を検討されている方はぜひこの機会にお買い求めください。