WardPressテーマおすすめ6選(無料・有料)|スクール・塾・習い事教室編

 

スクール・塾・習い事教室のWordPressホームページを作る際、大切なポイントはなんでしょうか?

スクールの雰囲気にマッチするような外観は、絶対に欲しいところですよね。料金やコースなどは、初めての方でも分かるように掲載しなければなりません。無料体験の申し込みなど、訪問者さんのアクションをスムーズに受ける体制も必要です。

もちろん自由度の高いWordPressですから、カスタマイズやプラグインの多用により、できないことなどありません。ですがカスタマイズは敷居が高く、プラグインの多用はセキュリティ上の問題を引き起こしかねません。

そこでこの記事では、スクール・塾・習い事教室に適した使いやすいWordPressテーマを6本ご紹介してまいります。有料テーマ・無料テーマ、ともに3本ずつ取り上げましたので、ご予算などに応じご覧ください。

スクール・塾・習い事教室におすすめのWordPressテーマ【無料】

まずは無料テーマから、3つご紹介します。

最近ではWordPressテーマ全体のレベルが上がっており、無料のものでも充分商用利用に耐えるものが増えてまいりました。もちろん機能的には有料版に及ばない部分もありますが、プラグイン利用を前提とする方には必要十分です。

それでは無料テーマの厳選3本です。

Lightning(ライトニング)


出典:Lightning公式サイト

最初にご紹介する無料テンプレートは、名古屋のベクトル社が開発したテーマ『Lightning』です。

こちらはシンプルでクセが無く、業種問わず使いやすいテーマです。ですので、スクール・塾・習い事教室のイメージを損なわないホームページ作りが可能です。

こちらでサイト作成を行う際に忘れてはいけないものが、同社開発の無料プラグイン『ExUnit』。『ExUnit』を追加することで、コーポレートサイトとしての機能がアップします。

具体的には、様々な表現を可能にする多機能ウィジェット、記事下への問い合わせ先表示、HTMLサイトマップ自動出力、CTA表示などなど。特にCTAは、無料体験会の集客などにすぐにでも使いたい機能ではないでしょうか?

万能選手とも言えるLightningですが、外観デザインがシンプルですので、個性を出そうとするとカスタマイズが必要になります。落ち着いた雰囲気の主張しすぎないサイトが作りたい方に、おすすめです。

Cocoon(コクーン)

出典:Cocoon公式サイト

個人クリエイターわいひらさん作の無料WordPressテーマ『Cocoon』です。

ブロガーさん界隈では初心者からインフルエンサーまで愛用者がいる有名テーマです。シンプルな外観でありながら、非常に多機能で、たいていのことはこのテーマで実現可能です。

このテーマを選ぶメリットとしては・・・

  • SEO、高速化、モバイルフレンドリーに強い無料テーマ
  • 活発な公式フォーラムで、使用上の疑問を解消できる
  • スキン機能により、外観イメージを変更できる

などが上げられます。

女性の生徒に多くアプローチしたいスクールには、落ち着いた外観とモバイルフレンドリーなこのテーマはお役に立ちそうですね。

記事を若年層向けに華やかにしたい方は、装飾機能に物足りなさを感じるかもしれません。少々CSSやHTMLを覚えていただくと、幅広く使えるテーマになり重宝するでしょう。

Luxeritas(ルクセリタス)


出典:Luxeritas公式サイト

先程の『Cocoon』同様、個人クリエイターのるなさん作のWordPress無料テーマになります。シンプルな無料テーマでありながら、一般的に必要とされる機能は一通り搭載されています。

『Cocoon』に引けを取らない高い人気を誇るこちらのテーマのウリは、なんと言ってもスピード対策。有料テーマと比べても遜色のない高速で、サイトが表示できます。

「教室や授業風景などの写真をふんだんに使いたい」「テーマは無料が良い!」という方は、こちらを選んでおけば間違いないでしょう。

こちらのテーマも、上述の『Cocoon』以上に外観がシンプルです。デザイン性を高めたい方は、ご自分でカスタマイズできるだけの知識を付けていただくとよいでしょう。

スクール・塾・習い事教室におすすめのWordPressテーマ【有料】

つづいて、有料テーマを3つご紹介します。

スクール・塾・習い事教室などのホームページを作成するうえでは、生徒さんを増やしたいというビジネス的目的を達成させることが必達目標になると思います。ビジネス用途には、機能的にもビジネス用有料WordPressテーマを使う方が近道です。

例えばサポート。有料テーマには、テクニカルサポートが準備されているものもあります。自社内で専門家でない方が制作される場合には、必要不可欠とも言えるサービスでしょう。

New Standard(ニュー・スタンダード)

弊社 ninoya(ニノヤ)が制作するWordPressテーマが「New Standard」です。コーポレートサイト専用テーマとして、国内トップクラス200社以上のお客様にご利用頂いております。

最大のウリは、WordPressテーマに最大限の集客力を持たせたところにあります。弊社はもともとwebマーケティングが本業で、ホームページへの集客には実績を持っていて、そのノウハウを「New Standard」に詰め込みました。

あなたの町にも、大手・中小、様々なスクールがひしめきあっているはず。『集客』に力を入れたいとお考えの企業様には、ぜひご検討頂きたいテーマです。

「New Standard」は、文章装飾機能がブログ向けのテーマと比較して寂しいかもしれません。しかし、集客に必要な機能は準備万端ですので、後ほどご案内する無料体験でお確かめください。

New Standardの特徴の詳しい解説は、以下をご覧ください。

主な特徴

TCD Swicth(スイッチ)

出典:Swicth公式サイト

多数の業種別WordPressテーマを送り出すTCDからは、ファーストビューにこだわり、店舗ビジネス用に最適化された『Swicth』をご紹介します。

ホームページの訪問者は、ページが表示された一瞬で見るか見ないかを判断し、興味が湧かなければ即離脱してしまいます。瞬間的に訪問者を引きつけられれば、読んでもらえる可能性がグッと上がるのです。

Swicthでは、ヘッダー部分に大型の動画を配置することでそれを実現しています。スクールの活動内容や創作物など、アピールしたい動画をヘッダーに配置しておけば、離脱率の低下が期待できるでしょう。

ただし、TCDのような特定業種専用テーマは、カスタマイズの自由度が低くなります。「うちに合わなかった」と感じても調整しづらいので、購入前に、しっかり御社に合うものを厳選してください。

エスティバル 教室スクール向け


出典:エスティバル 教室スクール向け公式サイト

続いてTCD同様、業種別WordPressテーマで知られるエスティバル社製の『教室スクール向け』テーマをご紹介します。こちらのテーマは、徹底的に機能性にこだわったテーマに仕上がっています。

スクールさんがホームページを作る際には、追加プラグインは必要ないかも知れません。なぜなら、有料で単品販売されているプラグインが6種、同梱されているからです。

例えば、ドラッグアンドドロップだけでレイアウトを自由にページ作成できる『WP BAKERY ページビルダー』プラグイン。アニメーション効果などでビジュアルが強化できる『Slider revolution スライダーツール』プラグイン。簡単に料金表やサービス比較表が作れる『GO PRICING 料金表ツール』プラグインが使えます。

ページに掲載したい情報が盛りだくさんな大きめスクールには、うってつけなテーマですね。

今回紹介した3つの有料テーマの中では、若干価格が高額です。ときどき割引キャンペーンを行っているようですので、うまく活用したいですね。

スクール・塾・習い事教室に適したWordPressテーマとは?

無料・有料のWordPressテーマを6種ご案内してまいりましたが、いかがでしたか?もしかすると、すでに採用候補が決まった方がおられるかもしれませんね。

この項目では最終決定を前に、スクール・塾・習い事教室のホームページを作成するうえで、欠かすべきではない要素を3点に絞ってお話いたします。

御社のホームページ戦略成功の可否を決めかねない決断を正しく行うためにも、こちらの情報も必見ですよ。

様々な情報が掲載できる

訪問者さんは、あなたのスクールのことが知りたくて訪れてくれるのです。せっかく訪問したのに、内容が良く分からなかったら、生徒さんが増えることはないでしょう。

スクールによく掲載されている情報としては、

  • スクール情報:教室や講習の写真など
  • 講師やコーチの紹介:講師陣のプロフィール・実績
  • コラム:運営者や講師陣の考え方や人となりを伝える
  • 利用者の声:生徒や保護者にスクールの様子を想像してもらいやすい
  • 生徒の実績や制作物:どの程度まで習熟できるのか、想像してもらいやすい
  • コースや料金
  • スケジュール
  • アクセス
  • 連絡先、SNSアドレス

などがあげられます。

必要に応じて、これらを表示できるテーマを選びましょう。無料のテーマを選ぶ場合は、プラグインの活用も考慮すべきです。

無料体験や資料請求の申込がしやすい

スクールさんのホームページで目指すべきゴールは、無料体験の申し込み、または資料請求を頂くこと。これはどちらのスクールさんでも同じですよね。

各ページに無料体験・資料請求の案内を置くと思うのですが、問題はキャンペーンなどの内容変更への対応です。期間限定、季節限定、創立記念、などのキャンペーンを随時開催されていますよね?

ホームページのあちこちに掲載した案内を、手動で張替えしていたら・・・間違いなく修正漏れが発生します。

それを防ぐのがCTA機能。張替えが容易なテーマを選べば、内容や文言の変更も含めて、より積極的なホームページの活用が可能です。

CTAは、言葉一つ変えただけでクリック率が大きく変わることもあります。一度貼った案内を放置せず、最善の結果を目指して常に改善を継続したいところです。

信頼感と安心感が得られるデザイン

特にお子さんを対象とするスクールでは、ホームページをご覧になられるのは親御さんが中心になると思います。

そんな時に大切なのは、信頼感や安心感を与えること。大切なお子さんを安心して預けられるスクールなのか?親御さんの心配を考えれば、きちんとしたデザイン・イメージのサイト作りが肝心です。

大人向けの、遊び心をもったスクールであっても同様です。一般のお客様から見れば、誰かから何かを教わることは、やはり特別なことなのです。明るく洗練された楽しいサイトを作るとしても、カッチリとした実直な雰囲気だけは残しておきましょう。

【まとめ】スクールや習い事教室におすすめのWordPressテーマ

スクール・塾・習い事教室に適した6本のWordPressテーマをご案内致しましたが、いかがでしたか?

いずれもたくさんのユーザーさんから高評価を得ているテーマです。どれを選んでも、全くの誤りということはございません。あとは御社のご予算とも相談しながら決定して頂ければと思います。

その決断の材料として頂きたいポイントも3つご紹介しましたので、コンテンツを作成する際にお役立てください。

ホームページのゴールは、見栄えの良さではないはずです。見栄えが良いうえで、あなたのスクールに生徒さんを連れてきてくれることが求める成果ですよね。そのために必要なテーマを正しくお選び頂ければ幸いです。

弊社が開発した「New Standard」も、そういった用途に安心しておすすめできるテーマです。ご採用いただいた事例を以下のページにまとめておりますので、こちらもご覧ください。

お客さま事例

有料のテーマを採用するにあたり「ハードルが高い」と感じている方もおられると思います。ご担当者様ですと、決済者様へお見せするものがなければ難しいところですよね。

そんな皆さまのために、弊社では「New Standard」の無料お試し体験を準備しております。実際にweb上で「New Standard」を操作して、簡易的に御社のサイトを仮組みすることができます。

Web集客コンサルティング会社であるninoyaが、そのノウハウを詰め込んだ渾身のテーマです。この機会にぜひご体験くださいませ。

有料テーマを試して選ぶ新常識

最後にご紹介です。事業用WordPressテーマ「New Standard」では、14日間の無料お試し体験を設けています。

お申し込み後、専用サンプルサイトをお一人ずつお届け。製品版と変わらないすべての機能をお手元で体験いただけます。テーマ選びにお悩みの方は、この機会を逃さずお試しください。

今すぐ無料でお試し

WordPressテーマを徹底比較

公式サイトに掲載されている無料テーマだけでも、約8,800個もあるWordPressテーマ。なんの基準も持たないまま自分に合うテーマを選ぶのは至難の業です。

本資料ではWordPressテーマを目的別に3つに分類し、どのような基準で選べばいいのか解説しています。ダウンロードしてご活用ください。

WordPressテーマ徹底比較

詳しく見る