WordPressテーマおすすめ6選(無料・有料)|ランディングページ(LP)編

 

あなたは、ビジネスで使えるWordPressテーマを探す時、どんな機能を重視しますか?

デザインの良さ、トップページの作りやすさ、CTA(コール・トゥー・アクション)等々、ビジネスサイトには様々な機能が必要とされますが、その中でも特に重要なのが「LP(ランディング・ページ)」を簡単に作れる機能です。

※LP(ランディング・ページ)とは
広告や検索結果をクリックした時に表示されるページのこと。商品やサービスの購入につなげるためのページで、ユーザーの悩みに共感し、解決策を提示し、購入や資料請求につなげるためのものです。縦長で1カラムのデザインが多いのが特徴です。

ビジネス目的でWordPressテーマを選ぶ時は、LP作成機能があるかどうかを、判断基準の一つとすることをおすすめします。LPが作れるWordPressテーマはたくさんありますが、その中でも特に使いやすい日本語テーマを、無料、有料、それぞれ3つご紹介します。

ランディングページ(LP)が作れる無料WordPressテーマ3選

まずは無料テーマから。おすすめするのは、この3つです。

  • Lightning(ライトニング)
  • Cocoon(コクーン)
  • Xeory Extension(セオリー・エクステンション)

どれも、無料テーマでありながら機能が豊富で使いやすく、有料テーマ並みの実力を持っている、人気テーマです。初心者でも簡単にLPが作れるテーマなので、WordPressテーマを触るのが初めての方にもおすすめできます。

では、それぞれのテーマの特徴を解説していきましょう。

Lightning(ライトニング)

Lightning
出典:https://ja.wordpress.org/themes/lightning/

Lightningは、WordPress公式テーマに選ばれている無料テーマで、有効インストール数が60,000件以上になる人気のテーマです。個人用のブログでも、法人用のビジネスサイトでも作れる柔軟なテーマとして評判が高いです。

LPは、固定ページ作成画面で簡単にできます。1カラムのレイアウトを選べるようになっており、サイト全体は2カラム、LPだけ1カラム、という使い方ができます。

Lightningの長所は、利用者が多いので、使い方に困った時にネットに情報がたくさんあるということです。

短所と言えるほどの短所はありません。強いてあげるなら、Lightning単体では、LPにお問い合わせ情報を表示したり、CTAを表示したり、カスタムCSSを使ったりすることができません。

それらを実現するには、「vk-all-in-one-expansion-unit」や「vk-blocks」といったプラグインをインストールする必要があります。これらのプラグインも無料なので、インストールさえすれば、文字の装飾やFAQ等のブロックが使え、より充実したLPを作成できます。

プラグインを使わないと、WordPress標準のブロックエディターしか使えないので、プラグインは必須と言えるでしょう。

無料でビジネス用サイトを簡単に作りたい人には、おすすめのテーマです。

Cocoon(コクーン)

cocoon

出典:https://wp-cocoon.com/

個人用ブログの無料テーマとして、絶大な人気を誇るのが「Cocoon」です。

シンプルなデザイン、SEOの強み、カスタマイズのしやすさ、サイトの表示スピードなどが好評で、多くの人に使われています。個人用だけではなく、ビジネス用サイトとしても使えます。

LPは、固定ページ作成画面から作れます。広告を非表示にする、1カラムにする等の機能が標準で装備されており、プラグインを追加せずにLPが作れるのが長所です。

また、Cocoon独自のブロックも充実しているので、見栄えの良いLPにすることもできます。利用者が非常に多いテーマなので、使い方に困った時にはネットにたくさんの情報があるのも、使いやすいポイントです。

ただし、個人で開発しているため、問い合わせやサポートは充実していません。その代わり、フォーラムやマニュアルは個人作成のテーマとは思えないほど、非常に充実しています。このあたり、開発者の誠実さが、テーマに反映されていると言えます。

CTA作成機能が標準で無いのは、LPを作る上では短所と言えるかもしれません。しかし、ウィジェットをうまく使うことでCTAを作れるので、工夫次第で効果の見込めるLP作成も可能でしょう。

Lightning同様、無料でビジネス用サイトを簡単に作りたい人には、おすすめのテーマです。

Xeory Extension(セオリー・エクステンション)

xeory

出典:https://xeory.jp/template/xeory-extension/

コンテンツマーケティングの世界で有名な『バズ部』さんが提供している無料のWordPressテーマです。Xeory Extensionは、ビジネスサイト用テーマとして提供されています。

Xeory Extensionの最大の長所は、LP作成機能が標準で装備されていることです。LightningやCocoonは、固定ページ作成画面からLPを作るのに対し、Xeory Extensionは管理画面に「LP」の項目があるので、初心者でもLP作成が簡単にできるようになっています。

CTAやメルマガ登録機能とも連携できるので、効果の高いLP作成が可能です。

Xeory Extensionは、ブロックエディター用の独自ブロックが用意されていませんので、WordPress標準のブロックエディターのみでLPを作成します。そのため、文字やデザインの装飾はCSSで設定する必要があります。

『バス部』さんはコンテンツマーケティングの専門会社なので、無料テーマの中では集客力のあるLPを作ることができます。

ただ、デザイン・機能とも全般的にミニマルな作りになっているので、HTMLやCSSを使って自分でカスタマイズできる人におすすめのテーマと言えるでしょう。

ランディングページ(LP)が作れる有料WordPressテーマ3選

つづいて、有料テーマを3つご紹介します。ビジネス用途なら、ビジネス用に最適化された有料テーマがおすすめです。

無料テーマの多くは個人ブログを前提として作られていますが、有料テーマはビジネス用途に必要な機能があらかじめ備わっているものが多く、企業の公式サイトとしても十分に使えます。

また、最大のメリットとしてサポート体制が整っている点が挙げられます。WordPressでサイトづくりをしていて、困ったことがあれば個別にサポートを受けられるのは、非常に心強いです。

有料テーマも非常にたくさんあるのですが、その中でも人気のものを3つご紹介します。

  • New Standard(ニュースタンダード):29,700円
  • DROP(ドロップ):32,800円
  • THE THOR(ザ・トール): 16,200円

それぞれに特徴がありますので、詳しく解説していきましょう。

New Standard(ニュー・スタンダード)

New Standard

https://newstd.net/

私たち株式会社ninoyaが開発した事業用WordPressテーマです。企業の公式サイト、ウェブメディア、デザイン事務所、法律事務所、整体院、サロン、学習教室、飲食店、通販サイトなど、200社を超える導入事例があります。どんな業種でも使える、汎用性の高いテーマです。

New Standardの長所は、Webに詳しくない方や初心者の方でも、簡単にビジネスサイトを作ることができるところです。

「フレキシブルページ」という機能を使うと、あらかじめ用意された様々なパーツ(コンテンツ一覧、ニュース、FAQなど)を自由に配置でき、思い通りのコンテンツを入れてWebサイトデザインができます。

事業用サイトとして必要なコンテンツがパーツ化されているので、それを組み合わせて自社に最適なWebサイトを作成でき、どんな業種でも作りやすいという特徴があります。

また、株式会社ninoyaはWeb集客のコンサルティング会社なので、集客のノウハウがすべてNew Standardに反映されています。集客に力を入れたい方には、New Standardがおすすめです。

New Standardは、ブロックエディターに完全対応していません。先程ご紹介したフレキシブルページは、それぞれのパーツを、クラシックエディターで編集することになります。

しかし、ブロックエディターは真っ白な画面から自分で作り込んでいく必要があるため「どんなコンテンツが良いのか分からない」という状態になることも。

New Standardのフレキシブルページの場合は、事業用サイトとして必要なコンテンツがパーツ化されているので、迷いなくコンテンツを作成できます。ブロックエディターを使わなくても、表現力豊かなサイト作成ができます。

New Standardの特徴の詳しい解説は、以下をご覧ください。

主な特徴

DROP(ドロップ)

drop

出典:https://tcd-theme.com/tcd087

WordPressテーマの中でも、「デザインに優れている」と評判なTCDのテーマです。TCDはデザイン性の高いテーマをたくさんリリースしていますが、DROPはLP制作に特化したテーマになります。

DROP最大の長所は、「おしゃれで洗練されたデザインのLPが作れる」ところです。今やLPもデザイン性が求められる時代。商品やサービスにもよりますが、デザイン性に優れたLPを作りたい人には、最適なテーマです。

機能も充実しており、プランやレビュー、FAQなどLPの必要コンテンツがあらかじめ用意されていて、順番を入れ替えたり、表示・非表示の切り替えができます。

その他、グラフ・チャート機能やインタビュー、レビューを掲載できるなど、LPに必要なパーツが豊富にあるのも魅力です。

デザインが優れている反面、自由にカスタマイズできる範囲が少ないので、コンテンツ配置の柔軟性は高くありません。コンテンツを自由に配置してデザインしたい方には、不向きかもしれません。

また、デザインがおしゃれなだけに、それに見合う画像のクオリティも要求されます。画像の質が低いと、デザインがおしゃれなだけにチグハグな印象になってしまうことも。

「おしゃれでカッコいいデザインのLPにしたい」という方は、しっかり素材を準備してから作成に取りかかりましょう。

THE THOR(ザ・トール)

the thor

出典:https://fit-theme.com/the-thor/

フィット株式会社が開発した、人気のWordPressテーマです。フィット株式会社は、SEOコンサルタントとして長年に渡り実績を築いおり、そのSEOノウハウをすべて注ぎ込んでいるのが特徴です。

検索エンジンから評価されやすい内部構造と高速表示化を徹底的に追求し、テーマ自体に十分なSEO対策が施されているため、SEO対策用プラグインも必要ありません。

ただし、SEOに最適化されたテーマだからといって、THE THORを導入するだけで上位表示できるというものではありません。上位表示には、LPのコンテンツが何より重要なので、そこを間違えないようにしましょう。

THE THORは、デザインの拡張性や自由度も高く、HTMLやCSSを触る必要なく、簡単にLPを作ることができます。「ランキング作成機能」も装備されているので、アフィリエイトサイトとしても使えるのが魅力です。

ただし、設定項目が多く、初心者には使いづらい面があります。装飾の種類やカスタマイズの柔軟性があるのは長所でもあるのですが、その反面、初心者には敷居が高く感じられるかもしれません。

とはいえ、慣れてしまえばそんなに難しくないので、SEOに強いテーマを探している人にはおすすめのテーマです。

ランディングページ(LP)作成に適したWordPressテーマとは?

ここまで、LP作成におすすめのWordPressテーマをご紹介してきましたが、共通したある特徴があるのに気づいた人もいると思います。

その特徴とは、

  • 短時間でLPページを作成・修正できる
  • TOPページをLPにできる
  • カートやお問い合わせが設置できる

の3つです。

今回ご紹介した6つのテーマ以外でも、この3つが備わっていれば、LP作成が格段にはかどります。では、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

短時間でLPページを作成・修正できる

LPは、商品購入や資料請求といった顧客の行動を促すページです。商品には、「旬の時期」というものがあるので、販売時期を逃さないためにも、短時間でLPを作る必要があります。

そのため、そつのないLPが短時間で作れるWordPressテーマを選ぶようにしましょう。あらかじめ、LPに必要なコンテンツやパーツが用意されていたり、カスタマイズしやすいテーマがおすすめです。

また、HTML & CSSの知識がなくてもカスタマイズできるテーマも、大事な要素です。LPの改善や修正のたびに、専門の業者に頼むのは、時間もコストももったいないですよね。

せっかくWordPressでLPを作成するのですから、専門知識がなくてもサクッと修正ができるテーマを選びましょう。

LPは、運用し始めてからのPDCAがとても大切です。効果測定と検証がしやすいように、テキストやボタンの色・サイズ、画像などを簡単に修正できるテーマが良いです。

いろいろなCTAが設置できるテーマだと、ABテストで効果測定を行いやすいので、おすすめです。

TOPページをLPにできる

検索エンジンの広告をクリックしたら、広告内容とまったく違うTOPページが表示され、肝心の広告内容のページはそこからさらにクリックしないと見られない・・・そんな経験をしたこと、ないですか?

Webページの構造がそんな状態だと、サイトの離脱率が高くなって、集客効果が望めません。

集客用のサイトは、TOPページをそのままLPとして使えることが大切なので、それが可能なテーマを選びましょう。そうすることで、広告内容とWebサイトの内容が一致し、CV率のアップに繋がります。

SEOの観点からも、下層ページにある単独のLPより、SEOに強いというメリットがあります。また、Google広告の審査が比較的通りやすいのも、メリットですね。

カートやお問い合わせが設置できる

LPの目的は、商品の販売や資料請求、問い合わせにつなげることです。いくらキレイなLPを作っても、そうした顧客の行動につながらないと、なんの意味もありません。

LPで商品やサービスを販売するならカート機能が必要で、販売サイトにはお問い合わせやサポート窓口が必須になります。WordPressテーマにこれらの機能が備わっているかをチェックするようにしましょう。

LP作成はできても、カート機能まで備わっている、または市販のカートシステムと連携できるテーマは、そんなに多くはありません。商品販売を目的にした場合、カート機能は必須なので、カートが使えるかどうかを選択肢の重要な項目として考えましょう。

【まとめ】ランディングページ(LP)が作れるWordPressテーマ

ここまで、LPが作れるWordPressテーマをご紹介してきましたが、いかがでしたか?WordPressテーマには、有料・無料を含めて、数え切れないほどのテーマがあります。

その中でも、事業用に使え、LPが初心者でも簡単に作成できるテーマをご紹介してきました。LPが作れるテーマとして必要な機能は、

  • 短時間でLPが作成・修正できること
  • TOPページをLPにできること
  • カートや問い合わせが簡単に設置できること

が必須になります。

また、LPは運営し始めてからが非常に大切です。集客数、サイトの滞在時間、直帰率、CV率など、様々な面でPDCAを実践し、より効果の高いLPにしていく必要があります。常にLPの修正・改善を繰り返していかなくてはなりません。

そのため、修正・改善が誰でも簡単にできるテーマを選ぶようにしましょう。今回ご紹介したテーマは、どれもLP作成がやりやすいものばかりなので、じっくり検討してあなたに合ったテーマを選んでください。

私たち株式会社ninoyaが提供しているNew Standard(ニュー・スタンダード)は、どんな業種にも合うLPが作れるテーマとして、多くのお客様に評価をいただいています。様々な業種のお客様の事例がありますので、ご覧いただき、WordPressテーマを選ぶ際の参考にしてください。

New Standardのお客様事例

New Standard(ニュー・スタンダード)は、有料テーマの中では非常に珍しい、無料お試し体験があります。

Web集客コンサルティング会社であるninoyaが、そのノウハウを注ぎ込んだテーマです。無料で14日間、すべての機能を使えるので、ぜひ体験しください。

有料テーマを試して選ぶ新常識

最後にご紹介です。事業用WordPressテーマ「New Standard」では、14日間の無料お試し体験を設けています。

お申し込み後、専用サンプルサイトをお一人ずつお届け。製品版と変わらないすべての機能をお手元で体験いただけます。テーマ選びにお悩みの方は、この機会を逃さずお試しください。

無料で使ってみる

IT・Web・SaaS系企業への「無料転職相談」始めました

IT・Web・SaaS系企業への転職をお考えの方へ。無料オンライン相談を始めました。経験者の方はもちろん、未経験の方も歓迎です。ご希望の方は、お気軽に以下よりお申し込みください。

無料で相談する