WardPressテーマおすすめ6選(無料・有料)|飲食店・レストラン編

 

ネットに詳しい方なら、すでにお気づきかも知れません。スマホで『イタリアンレストラン』などのキーワードをGoogle検索した際、トップに表示されるのはGoogle マップの検索結果です。

トップには、以前なら大手グルメサイトの記事が表示されていました。付近の飲食店情報をトップ表示した方が、より検索意図に沿える、とGoogle社が判断したのでしょう。

それで何が言いたいのか?

以前は絶大な集客力を誇っていた大手グルメサイトのパイを、Google マップが少しずつ奪っているということです。同時にGoogle マップから自社サイトへ移動するお客様の流れが強くなる、ということも意味します。

同じエリア内にホームページをしっかり作り込んだ競合店がいたとしたら・・・?飲食店・レストランにおける自社ホームページの重要性がご理解頂けたでしょうか?

最高のホームページを作るために、おすすめのWordPressテーマ6選をお送りします。集客力増強のためにも、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

飲食店・レストランにおすすめの無料WordPressテーマ3選

WordPressテーマの進化は著しく、最近では無料のものでも十分商用利用に耐えられるようになってきました。まずは無料テーマから、3つご紹介します。

もちろん、飲食店・レストラン向けに最適化された有料テーマと同じ・・・とはいきません。ですが、ちょっとした工夫やカスタマイズだけで、あなたのお店の魅力を伝えることは不可能ではないのです。

気軽に始められる無料テーマを、ご覧ください。

InomaRestaurantBasic(イノマレストランベーシック)


出典:InomaRestaurantBasic公式サイト

最初にご紹介する無料テーマは、クリエイターの猪股 浩平さん制作のInomaRestaurantBasic。こちらは、無料テーマでありながら飲食店・レストラン用にカスタマイズされた貴重な一本となっています。

デモサイトをご覧頂いた方がイメージしやすいかと思います。


出典:InomaRestaurantBasicデモサイト(メニュー)

ご自分で質の高い画像が準備できれば、きちんと集客できるホームページが作れそうです。

こちらのテーマではカスタマイザー機能を使うことで、コンセプト、メニュー、アクセスの画像や文章などのコンテンツを変更し、簡単に自社ホームページを作成することができます。

また、インストール方法から簡単なカスタマイズまでをまとめた解説記事を、開発者さん自身が公開されていますので、初心者の方にも敷居の低いテーマになっています。

参考:公式解説記事(別ページで開きます)

解説記事と同じ内容が動画でも準備されており、とても無料とは思えないサービス内容ですね。

ただ、公開された2019年以降バージョンアップされていないのが、ちょっと気になるポイントです。セキュリティのことも考えながら、採用の可否をご判断ください。

レスポンシブWordPressテーマNo.078


出典:レスポンシブWordPressテーマNo.078公式サイト

2つめの無料テーマは、多数の無料WordPressテーマ・HTMLテンプレートを提供している「無料ホームページテンプレート.com」のレスポンシブWordPressテーマNo.078。

こちらはパン屋さん、カフェ、レストランなどの飲食店に最適なレスポンシブWebデザインになっています。

ちなみにNo.076、No.077という同じデザインで色違いのテーマも準備されていますので、あなたのお店にピッタリ合うものを選んでいただければと思います。

作りがシンプルなので、スピーディに制作できるでしょう。管理画面から御社の素材に差し替え、テキストさえ打ち込んでしまえば、あっという間に自社ホームページが完成します。お時間の無い方におすすめできるテーマです。

ただ、商品や店舗の画像をある程度頑張らないと、正直「無料テーマで作った」感が拭えません。特にヘッダー画像は気合を入れましょう!

Lightning(ライトニング)


出典:Lightningデモサイト(ページレイアウトサンプルページ)

3本目の無料テーマは、WordPressテーマ・プラグイン開発の株式会社ベクトルが制作したLightning(ライトニング)。

厳しい審査を通過しWordPress.org公式ディレクトリに掲載されている、有効インストール数6万件以上の人気テーマ・プラグインです。更新も頻繁に行われていますので、安心して使うことができます。

上記の画像は、デモサイトの一部です。こちらは飲食店・レストラン用に設計されたテーマではありませんが、画像とテキストを織り交ぜたホームページ作りに適しています。

詳細はデモサイトをじっくり確認して頂きたいのですが、無料テーマとは思えない表現力と自由度がありますので、あなたのイメージに近いサイト作りができると思います。

ちなみに、このテーマは同社製有料プラグインの使用を前提として作られています。無料で使える標準仕様だけで作ると、全体的に少し物足りないかもしれません。

飲食店・レストランにおすすめの有料WordPressテーマ3選

つづいて、有料テーマを3つご紹介します。

最初に申し上げてしまうと、ビジネス用のホームページには、やはりビジネス用有料テーマを利用するのがベストな選択肢になります。

ホームページで飲食店・レストランを選ぶお客様は、パッと見の外観イメージだけで簡単にお店を却下し、サイトから離脱してしまいます。プロっぽい体裁のページを準備することは、webからの集客では必須なのです。

無料テーマでも、プラグインの活用やCSS編集によるカスタマイズなどで理想に近づけることは可能です。しかし、よほどWordPressに精通した方でなければ、困難でしょう。

今回おすすめする3つの有料テーマに関しては、そういった懸念はありません。飲食店・レストランに必要な機能は、標準で準備されています。テーマによっては、テクニカルサポートが利用できるものもあります。

ぜひ、あなたのお店のホームページに当てはめながらお読みください。

New Standard(ニュー・スタンダード)

最初にご紹介する有料テーマ New Standardは、私どもninoyaがお送りするWordPressテーマです。

最大のポイントは、集客力。ninoyaはもともとWeb集客のコンサルティング会社として、クライアント企業様のホームページ戦略をお手伝いしてまいりました。

そこで得た経験や知見を詰め込んだのが、New Standardなのです。集客に力を入れたい飲食店・レストラン様には自信をもっておすすめできるテーマに仕上がりました。

業種を選ばない汎用テーマですので、飲食店・レストランに特化した専用の有料テーマと比較すると地味に見えるかも知れません。ですが、大型スライダー画像やギャラリーなどのパーツを思うままに配置することで、いかようなデザインに仕上げることも可能です。

落ち着いた外観、高機能、高い集客力がご所望でしたら、ぜひお試しください。New Standardの特徴の詳細は、以下をご覧ください。

主な特徴

CRAZY WP BuryBury(ベリィベリィ)


出典:CRAZY WP BuryBury 公式サイト

2つめの有料テーマは、業種別WordPressテーマを制作するCRAZY WPの飲食店・レストラン向けテーマになります。

『無料テーマを試してみたけれど、やっぱりデザイン的に満足できなかった』
『でも、数万円という予算は正直厳しい・・・』

そんなあなたにオススメしたいのが、こちらのテーマ。取材時点で4,980円という低価格で、プロ仕様のビジネス用テーマが入手可能なのはうれしいですね。

テーマの特徴は、徹底した写真重視。全面フル画像を始め、写真を効果的に見せられるレイアウトにこだわった構成になっています。

飲食店・レストランを選ぶ人目線で言えば、この割り切りは、ある意味大正解と言えるでしょう。

ただ、廉価なテーマであるが故に、一部の機能がシンプルで最低限に抑えられている印象です。配色カスタマイズなど、他テーマでは標準的な機能の一部も有料オプションになっています。

とはいえ、CRAZY WP BuryBuryの標準機能だけでも十分に見栄えの良いホームページが作れるのは間違いありません。コスパ重視なら、このテーマをご検討ください。

tcd AMORE(tcd アモーレ)


出典:tcd AMORE(tcd アモーレ)公式サイト

3つめの有料テーマは、多数の業種別有料WordPressテーマを送り出すtcdから「AMORE」。パララックスデザインを採用した、飲食店・レストラン特化型テーマです。

パララックスデザインとは、ページスクロールに合わせて、異なるスピードでデザインパーツが動作する機能。かつてはホームページ制作会社に多額の制作費で依頼するようなページが、テーマ標準機能で実現できる時代になったんですね。

これからホームページを作りたい方は、少なからず衝撃を受けるビジュアル効果です。ぜひ一度、デモサイトでご確認頂ければと思います。

課題となってくるのは、画像の準備。デモサイトと遜色ないサイトを作るには、可能であれば写真はプロに依頼したいところです。

また、パララックスデザインを効果的に活用したサイトを作るには、デザイン的にハードルが高い部分もありかも知れません。ですが、イメージ通りに完成すれば集客効果の高いサイトができるはず。

高級感でブランディングしたい店舗様はチャレンジを!

飲食店・レストランに適したWordPressテーマとは?

飲食店・レストランにオススメのテーマを有料・無料から6点ご紹介してまいりましたが、いかがだったでしょうか?

なんとなく、内定テーマが決まっている方もおられるかも知れませんね。ですが、WordPressテーマはあなたのお店のホームページの外観・機能を大きく左右するだけに最終判断は慎重を期して頂きたいところです。

このパートでは、WordPressテーマを選ぶポイント3つをご紹介します。ぜひあなたのお店のテーマ選びにご活用ください。

国産テーマ(お店のコンセプトに合ったもの)

まず最初に抑えるべきポイントは、国産日本語テーマ。そして、あなたのお店のコンセプトに合ったものを選ぶ、ということです。

WordPressは世界中で使われるプログラムですから、素敵な海外産テーマが、間違いなく日本語版よりも数多く存在します。中にはあなたのお店のイメージにジャストフィットするものもあるでしょう。

ですが、日本語テーマ以外をビジネス用途で使用するべきではありません。海外産テーマでは、日本語はどうしてもレイアウトしづらいのです。

また、トラブルがあった場合の問い合わせも難しいと思います。例え、あなたが英語に堪能だっとしても、国産テーマを選ぶようにしましょう。

また、お店の雰囲気やコンセプトと合ったテーマを選ぶのも大事なポイント。業態や雰囲気にマッチしたテーマを選ぶことで、お客様に正しくお店のイメージを伝えることができます。

ブランディングにつなげる意味でも、ここはシッカリと考えておきましょう。

スライドショー機能がある

弊社のNew Standardにも実装している機能ですが、画面いっぱいのスライドショー機能も押さえておきたいところです。

一番人気のメニュー、SNS映えしそうな新メニュー、こだわりの内装・食器などなど、これらを文章だけで表現するのは難しい。そもそも、そんな長文を読んでもらえるかどうかも疑問ですしね。

大画像のスライドショーなら、あなたのお店のウリを最大限にアピールすることが可能です。お店によっては、コースメニュー、宴会メニュー、期間限定メニューなどを写真で表示するのも良い宣伝になるでしょう。

さらに補足するなら、画像の差し替えが簡単にできるものを選びたいところ。これは実際に操作してみないと分かりませんが、New Standardのように無料体験ができるテーマから試してみるのが良いでしょう。

必要なコンテンツが網羅できる

ここまではおおむねビジュアル上のポイントを中心にお話してまいりました。飲食店・レストランのホームページでのメインコンテンツは、文章ではなく画像だからです。

ただし、必要なのは画像だけではありません。お店のイメージを正しく伝えつつ、お客様にとって必要な情報も分かりやすく掲載できるテーマを選ぶ必要があります。

参考例ですが、

  • メニュー・料金表・支払方法
  • オーナー・スタッフ紹介
  • お客様の声
  • メディア紹介歴
  • 営業時間・定休日
  • 連絡先・所在地

主にこのあたりの情報は、漏らさず掲載したいところです。ポイントは、知りたい情報を、迷わず直感的に見られるようにしておくこと。訪問者さんがすぐにたどり着けない情報は、無いのと同じです。

それともうひとつのポイントは、情報をただ箇条書きにしないこと。大手グルメサイトと同じ内容を公式サイトに載せても意味が無いのです。

わざわざ公式ホームページを見に来てくれた方の心に届くコンテンツ。難しいかもしれませんが、頑張ってみましょう。

【まとめ】飲食店・レストランにおすすめのWordPressテーマ

飲食店・レストランにおすすめのWordPressテーマをご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?6本それぞれが、たくさんの利用者を抱える人気テーマばかり。どれを選んでも、素敵なホームページが作れると思います。

ご紹介した3つの選び方ポイントも、非常に大切なものばかりです。こちらも外さないように気をつけましょう。

それでは最後に一点だけ、非常に大事なお話を。それは、ホームページを作ること自体を目的と勘違いしないように、ということです。これは飲食関係などクリエイティブな業種の方は特に注意して頂きたいところ。

目的は、集客、だったはず。そういった意味では、手前味噌ですが私たちのテーマNew Standardも強力な選択肢となってきます。これまで200社以上の採用実績が証明となるでしょう。

お客さま事例

集客力は分かった、実績も分かった、でも中身がよくわからないものを購入できない。そんな堅実な皆さんのために、無料お試し体験を準備いたしました。

Web集客コンサルティング会社であるninoyaがそのノウハウを詰め込んだテーマです。この機会にぜひ、ご体験ください!

有料テーマを試して選ぶ新常識

最後にご紹介です。事業用WordPressテーマ「New Standard」では、14日間の無料お試し体験を設けています。

お申し込み後、専用サンプルサイトをお一人ずつお届け。製品版と変わらないすべての機能をお手元で体験いただけます。テーマ選びにお悩みの方は、この機会を逃さずお試しください。

無料で使ってみる

IT・Web・SaaS系企業への「無料転職相談」始めました

IT・Web・SaaS系企業への転職をお考えの方へ。無料オンライン相談を始めました。経験者の方はもちろん、未経験の方も歓迎です。ご希望の方は、お気軽に以下よりお申し込みください。

無料で相談する