なぜ、New Standard に惹かれたのか。その視点を振り返ることに意味がある《事例インタビュー》

「立体造形眉カット」という新しい技術で美容業界に新風を吹き込む、合同会社かみとまゆ。代表の前川 佳亮さんにNew Standard を選んだ理由をお伺いしました。

<お話をうかがった人>
合同会社かみとまゆ(HP
代表 前川 佳亮さん

 

——立体造形眉カットという新しい技術を提供されておりますが、事業としてはどのように展開されているのでしょうか?

前川:大きく三つあります。一つが、美容室及び美容師様を対象としたメイク研修事業。もう一つが、美容メーカーや美容の協会に対する商品開発コンサルティング。あとは、一般女性を対象としたメイクカウンセリングノウハウの資格販売です。美容というテーマのもとではありますが、対象顧客は比較的幅広いと思います。

 

――ご相談をいただいたのは、起業してまもなくの時期でしたね。

前川:はい。当時は会社を立ち上げたばかりで、まずはホームページが必要でした。ただ、本格的にホームページのブランディングから構成までを業者さんにお願いすると、かなり高額になることが課題でした。かといって、無料で立ち上げられるSNSの企業ページやブログでは、美容業界の性質上プロモーションしにくい状況でした。

 

――まさに、New Standard をご利用いただきたいケースです。

前川:信頼を置ける経営者さんからの勧めもあって知りましたが、デザインの幅が広いこと、更新と管理がしやすいこと、基本的なホームページに求める機能が全て備わっていたことに安心感を受けました。New Standard のサイト自体が好印象で分かりやすくデザインされていたのも好印象でした。

 

――ありがとうございます。実際に導入されていかがでしたか?

前川:結果的には、弊社のようなスタートアップ企業にとって非常に良いコンテンツで満足しています。ホームページは立ち上げよりも更新が重要です。そこにストレスが少なかったことですね。操作も扱いやすく、サポート体制が整っていて勉強になりましたし、我々には十分でした。

デザインの段階で一例として作っていただいたロゴマークは、今では公式のものとなっています。そういうサービスは公式には無かったと思いますが、イメージしやすいようにそこまでしてくださった姿勢にも感動しました。

 

――ご愛用いただいておりうれしく思います! 最後に購入を検討されている方に、メッセージをいただけますでしょうか。

前川:販売形式の豊富さやサポート体制などはホームページに上手くまとめられているので、私自身が感じた価値について。一つは、サイトの見せ方や構成がお手本として優れている点です。サイトをどう展開していこうかと考えたときに「自分は何故New Standard に惹かれたのか?」という目線でサイトを見るとヒントが沢山あります。

次に、ネット販売で成り立っている商品でありながら、スタッフ皆さまの気持ちを感じられる点です。メールのやり取りだけでも、事務的な対応なのか、親身になってくれているのかは伝わります。この点は商品そのものの価値ではないかもしれませんが、もし迷われている方がいらっしゃるなら是非導入をお勧めいたします。

 

——貴重なお話をありがとうございました。今後とも末永くNew Standard をご愛用いただければ幸いです。