【初心者向け】WordPressの会員サイトを簡単に作れるプラグイン3選

 

今回は、「会員サイトを簡単に作りたいと思っている人」への記事です。
例えば、

  • 会員だけに限定記事を公開する。
  • 会員限定の特別な商品をクローズで販売する。
  • 購入者のみに、マニュアルを配信する。
  • 会員コミュニティを作って、会員同士がコミュニケーションできるようにする。
  • 会員のみの有料コンテンツを販売する。

などの機能を実現したい場合。

従来なら、いちからプログラム開発をする必要があり、多大な費用と時間が必要でした。
ところが、WordPressなら、プラグインをインストールして設定するだけで、簡単にこれらの会員機能を実現できるのです。

今回は、初心者でも簡単に会員機能を付加できるプラグインを厳選して、ご紹介します。

WordPress会員サイト作成におすすめのプラグイン

WP-Members Membership Plugin(会員専用ページを作れる。初心者におすすめ!)

WP-Members Membership プラグイン

「WP-Members Membership Plugin」は、WordPressで会員サイトを作る人によく利用されている人気の定番プラグインです。
しかも無料!
コストを掛けずに、会員サイトを簡単に作りたいという方におすすめです。
日本語対応しており、設定も簡単なので、初心者でも迷わずに会員サイトを作ることができます。

プラグインの特徴 会員登録、登録者へのメール送信、ログインページ、会員限定ページの作成ができる。
ショートコードを固定・投稿ページに設置するだけなので、初心者でも簡単に会員サイトが作れる。
おすすめの使い方 会員限定ページを作り、会員のみが閲覧できるようにする。会員限定ページで、有料コンテンツや物販も可能。
対象 初心者~上級者
価格 無料
注意点 会員限定ページを作るのが目的のプラグインなので、会員コミュニティの作成は出来ない。

Simple Membership(有料会員ページを作れる。課金システムとも連携できる)

Simple Membership

「Simple Membership」は、有料会員の機能を付加できるプラグインです。
無料会員と有料会員の種別を分けることができ、有料会員にはPayPalと連携した決済システムが導入できます。

PayPalビジネスアカウントを開設する必要はありますが、一括払いや定期購読(サブスクリプション)にも対応できるので、有料コンテンツでビジネス展開を考えている方に、おすすめのプラグインです。

プラグインの特徴 有料会員ページが作れるプラグイン。
有料会員に課金できる仕組み(PayPalと連携)があるので、ビジネス展開もできる。
おすすめの使い方 有料会員と無料会員を分け、有料会員には、有料コンテンツをサブスクリプションで販売する。
対象 初心者~上級者
価格 無料(一部有料アドオンあり)
注意点 日本語対応されているが、一部英語もあり。登録フォームをカスタマイズしたい場合は、有料アドオンの購入が必要。
項目名等を変更するには、PHPファイルを修正する必要があるなど、初心者には少し敷居が高い。
しかし、ネットに多くの情報があるので、それらを参考にして設置・カスタマイズ可能。

Profilegrid(会員コミュニティサイトを作れる)

ProfileGrid – User Profiles, Memberships, Groups and Communities

「Profilegrid」は、会員同士のコミュティサイトを作れるプラグインです。
また、フレンド登録などもできるので、SNSのような使い方も可能。単なる会員サイトではなく、コミュニティを作って顧客を囲い込んだり、ユーザー同士の情報交換や情報共有をしたい方に、おすすめです。
ただし、日本語対応されていないのでご注意ください。

初心者の方にはちょっと難しいかもしれませんが、コミュニティサイトを作りたい場合は、チャレンジする価値ありです。

プラグインの特徴 会員同士のコミュニティを作れる。
おすすめの使い方 顧客専用のコミュニティサイトを作り、情報共有を図ってもらう。
ファンサイトを作り、ファン同士で交流してもらうなど、SNS的な使い方が可能。
対象 初心者~上級者(ただし、日本語対応していない。カスタマイズのスキルが必要)
価格 無料(日本語化対応の有料翻訳ファイルあり)
注意点 日本語対応していないので、敷居が高く感じる場合がある。
日本語に翻訳してくれる有料ファイルがあるので、日本語で使いたい人は購入するのも一つの方法。
会員登録フォームも、姓と名が逆になっているなど、英語対応になっているので、カスタマイズが必要。

WordPress会員サイト作成時に注意すべきポイント

自社に必要な機能に合わせたプラグインを搭載する

ここまでご紹介してきたプラグインは、

  • 会員限定ページを作る。
  • 有料会員コンテンツで、課金の仕組みを作る。
  • 会員同士のコミュニティを作る。

と、それぞれ目的の違うものです。

会員プラグインといっても、それぞれ搭載されている機能が違うので、まずは自社に必要な機能を洗い出し、それらの機能が搭載されているプラグインを選ぶようにしましょう。

定期的にアップデートされているプラグインを選ぶ

プラグインをインストールする時は、定期的にアップデートされ、使用中のWordPressのバージョンと互換性のあるものを選びましょう。

定期的にアップデートされているプラグインの方が管理されているため安全です。最終アップデートから時間が経過しているプラグインはあまり安全とは言えないため、使わないようにしましょう。

プラグインの更新期間をチェック

会員サイトの制作を承ります!

ここまで、会員サイトにおすすめのプラグインをご紹介してきました。
特別なプログラミングのスキルがなくても、初心者でも簡単に会員サイトが作れるのが、WordPressの魅力です。

ただ、自社に合うようにカスタマイズしたい場合や、英語表記が難しくて設定できない、という場合もあるかと思います。
そんな時は、私たちninoyaにご相談ください。

WordPressに関する豊富なノウハウがあり、会員サイトの構築も承ります。
ぜひお気軽に、オンライン相談よりお申し込みください。

オンライン相談をする

有料テーマを試して選ぶ新常識

最後にご紹介です。事業用WordPressテーマ「New Standard」では、14日間の無料お試し体験を設けています。

お申し込み後、専用サンプルサイトをお一人ずつお届け。製品版と変わらないすべての機能をお手元で体験いただけます。テーマ選びにお悩みの方は、この機会を逃さずお試しください。

今すぐ無料でお試し

WordPressテーマを徹底比較

公式サイトに掲載されている無料テーマだけでも、約8,800個もあるWordPressテーマ。なんの基準も持たないまま自分に合うテーマを選ぶのは至難の業です。

本資料ではWordPressテーマを目的別に3つに分類し、どのような基準で選べばいいのか解説しています。ダウンロードしてご活用ください。

WordPressテーマ徹底比較

詳しく見る