New Standard Ver3.0 リリースのご挨拶

本日、New Standard Ver3.0 をリリースしました。

Ver1.0をリリースしたのが2015年11月11日。

Ver2.0をリリースしたのが2016年12月12日。

およそ2年半ぶりの大型アップデートです。詳細は以下のページよりご覧ください。

はじめての方へ

 

見積に訪れたお客さまが、肩を落として帰る。その姿に胸を痛めたことが開発のきっかけです。(当時のエピソードは以下に掲載されています)

「もう、肩を落として帰るお客さまを見たくない」 私たちがWordPressテーマのあたらしい定番をつくる理由|PR Table

 

もうひとつ、コンサルティングの現場で思い悩むことがあります。それがWebサイトの制作に予算を割きすぎたケース。打ち手を試せない状況でのご相談です。

 

私たちを含め、小規模な事業者にとって事業構造の変化は避けられません。市況であったり競合であったり。要因はさまざまですが、波を超えないことには事業を継続できません。そこでネックになるのが「変えられないWebサイト」です。

 

事業の収益基盤が固まっていない。この状態でサイト制作にコストをかけすぎると、移ろう環境にWebサイトが追従できません。結果、事業をWebサイトの構造に合わせるという本末転倒の動きに。これでは拡大もままなりません。

 

まずは少ないコストで、自身の手元で変えられるWebサイトから始める。PDCAサイクルを回し正しい打ち手を見つける。市場と商材がフィットしたら最適なWebサイトに予算を投じる。これがWebマーケティングにおける王道です。奇襲は王道を知ってこそ。その理解なく、多額のコストを投じても回収できません。

 

あのときの相談者に、New Standard を紹介できたなら。

その想いはいまも消えません。

 

New Standard は誰かにとって100%満足できるWebサイトにはなり得ません。美しさよりも、手元の可変性に重きを置いているからです。そして、ITが苦手な方でも直感的に操作できること。機能もそこに重点を置いています。

 

だからこそ、ITが得意な人からは物足りなく映るでしょう。一方で、ブログやSNSの更新が不得手な人には、とっつきづらい商品です。New Standard  を利用してほしい人は明確です。これから事業を展開させる人。事業とWebサイトの足並みを揃えて施策を試したい人です。

 

この方法で大きく売れる。確信を得たなら、New Standardをもとに事業に沿ったオーダーメイドのサイトに移る頃合いです。手を動かして知見を得たからこそ、あるべきWebサイトの姿が分かるはず。

 

3ヶ月ほど前。Ver2をご利用の一部の方に、ユーザテストの協力をお願いしました。最初の10件ほどのご感想をご紹介します。

・New Standardの存在を知った時、コレだ!と思いました。新しくリニューアルされるとのメールを受け取り、かなり期待がもてました!本当に期待しています。

・「日本的なシンプルさ」がとても素晴らしいです。ありがとうございます。

・数あるワードプレスのテンプレートの中で、デザインも使い勝手も一番だと思っております!素晴らしいテンプレートをありがとうございます。

・いつもNewStandardにお世話になっています。これまで難しかった魅力的なWebサイト作成が簡単にできました。さらに進化したVer3.0をいち早く試したいです。よろしくお願いいたします。

・元から主要な機能やデザインはとても気に入っていますが、細かな設定や、投稿画面の機能がもう少し増えるといいなと思っていました。Ver3.0楽しみにしています。頑張ってください!

・シンプルで分かりやすいデザインが好きです。今度のサンプル画像も拝見してシンプルさはそのまま引き継がれている様に感じました。

・New Standardは大変使いやすく、デザインもシンプルかつスタイリッシュでとても気に入っております。これからもアップデート楽しみにしています!

・ホームページってどうやって作るのかわからない…というところからスタートした素人でしたが、ニュースタンダードのおかげで、とても満足のいくページを作成することができています!

・今回ver3.0が発表されるということで、どんな素晴らしいものを触らせてもらえるのか楽しみで仕方ありません!これからもよろしくお願いいたします!

・教室を運営していますが生徒のみなさんにも大変好評で同業他社と比較したときデザインのおしゃれな方ということでうちを選んでいただいたという声もありました。今後の益々の発展を期待しております。

 

Webマーケティングの仕事を続けているとしばしば思います。正しい打ち手のコモディティ化が進んでおり、より安く、より便利にという方面で、小さな事業者は大きな事業者に敵わないということ。

 

一方、大企業にも不得手があります。新規の事業において、売上から事業計画を立てる点です。マーチャンダイジングやメディアプロモーションも逆算して考えるため、出来上がる商材は予測がつくものにとどまります。というより、予測が立たないと製品化できません。

 

小さな事業者に必要なのは便利とは志向の異なる価値、すなわち意義です。消費者に「(便利以外で)選ぶ理由」があるもの。言い換えれば「なぜ、あなたがそれを提供するのか」という視点です。

 

私たちはWordPressテーマを売っているのではありません。環境に適応する小さな事業主が増えることを願い、New Standard という技術と考え方のフレームを提供しています。その姿勢が、先のお客さまの声につながっていると確信します。数多の喜びが開発の活力でした。

 

インターネット上にはあらゆるテンプレートやWebサービスがあります。その中で、私たちの存在を見つけてくれたこと。露出量ではなく価値でものを見定める。New Standard はそんなあなたのための製品です。

 

New Standard 開発元
株式会社ninoya 代表取締役
古越 幸太