WordPress5.0 におけるNew Standard Ver2 の対応について

 

※追記:2018/12/20 WordPress5.0に対応しました。

 

本日、WordPress5.0がリリースされました。

従来のWordPressからの大きな変更点として、WordPress5.0に更新すると、エディタ(記事やページの編集画面)が自動的に「Gutenberg(グーテンベルク)」と呼ばれる新しいものに変わります。

Gutenbergはこれまでのエディタと異なり、ブロックエディタと呼ばれる新しい編集画面になります。従来のエディタでは難しかったリッチな表現ができる一方、操作感が独特で慣れるまで時間を要する印象です。

 

現在、WordPress5.0におけるNew Standard Ver2のご利用に問題がないか確認を行っています。いまのところ大きな問題は発覚しておりませんが、エディタの変更に伴いマーカーやボックスなどの一部のNew Standard独自の編集機能がご利用いただけません。

WordPress5.0をインストールしたお客さまで、上述の機能を利用されたい方は、以下の手順でエディタを従来のものに戻してください。

  • プラグイン「Classic Editor」をインストール
  • プラグインを有効化
  • Classic Editorの設定画面項目の「Allow users to switch editors」を「YesからNoに変更」
  • 設定画面下の「変更を保存」ボタンをクリック

プラグインのインストール手順については「WordPressのプラグインの追加方法」をご参照ください。

 

WordPress5.0における対応は、引き続き確認を行いサイト上で告知します。New Standard Ver2をご購入のお客さまにおかれましては「WordPress5.0+上述のClassic Editor」もしくは「WordPress4.9.8」にてご利用をいただければ幸いです。

 

なお、WordPress5.0における対応は、本テーマに限らずあらゆるテーマ及びプラグインにて生じる問題です。New Standard Ver2と並行してこれらをご利用されているお客さまは、WordPress5.0へのアップデートは慎重に行ってください。

アップデートを行う際は「WordPressの更新とバックアップの方法」などを参考に、バックアップを取った上で行われることを推奨します。

 

追記:2018/12/20

WordPress5.0のブロックエディタにおいて、New Standard Ver2の各種機能をご利用いただけるようになりました。当デモサイトもWordPress5.0リリース時に更新をしており、特段の不具合がないことを確認しております。

New Standard 無料お試し体験

有料テーマを購入するリスクを、お客さまに負わせない。そんな想いから、New Standard では業界を先駆けて「無料お試し体験」を始めました。

いまなら「お試し体験」ユーザー限定で特別な特典をプレゼント中。内容はぜひ、お申込後にお確かめください。

お試し体験とは

お客さま専用のサンプルサイトを、14日間無料で自由に編集いただけます。

お試し体験の流れ

・申し込み
ページ下部のフォームよりお申込ください

・アカウント受領
1営業日以内にお客さま専用のURL・ID・パスワードをお送りします

・お試し体験
アカウント発行日より14日間ご利用いただけます

・サイトクローズ
期間が過ぎると自動的にサイトが閉鎖されます

お試し体験でできないこと

デモサイトではセキュリティ上の観点から、「編集者」権限のアカウントをご使用いただきます。

そのため、以下のような一部操作が制限されます。

  • WordPressの基本設定
  • テーマの切り替え
  • プラグインの追加、編集
  • 外部サイトの埋め込み(Facebook、Twitter、Instagram等のiframe)
  • ユーザーアカウントの追加・編集
  • カスタムCSSの編集

ほかは、製品版と同様の機能をお試しいただけます。

なお、商品購入時にデモサイト制作内容の引き継ぎは行えません。あらかじめご了承ください。

お試し体験申込フォーム

※4/29より5/9までGW休業となります。同期間のお問合せは、5/10以降順次対応させていただきます

法人名・屋号

氏名*

メールアドレス*