【SWELLとNew Standard】WordPressテーマ比較!評判通り?違いと使い勝手

\有料テーマを試して選ぶ新常識/
New Standard 14日間無料体験

 

WordPressテーマ「New Standard」の購入をご検討中の方から、シンプルなテーマとして評判の「SWELL」と「New Standard」の違いについて問い合わせがありましたので、両方を使ったご経験のあるお客様に率直な感想、使い勝手を寄稿いただきました。

よく弊社に問い合わせのあるWordPressテーマ「TCD」と「New Standard」の違いについては次の記事をご覧ください。

【TCDとNew Standard】WordPressテーマ比較!評判通り?違いと使い勝手

人気テーマ「SWELL」を使ってみた結果・・・

私は横浜の社労士事務所で働く事務員です。
事務所のウェブサイトはWordPressで運用していて、市販のデザインテーマ(New Standard)を使っています。

私自身、HTMLやCSSなどの知識がほとんどなくて、ほぼ素人状態なんですが、そんな私でもウェブサイトが運営できるのが、WordPressのすごいところだと思います。

ウチの事務所は、2年前にリニューアルしてから「New Standard」というWordPressテーマを使っています。
事業用に特化されていて、すごく使いやすいんですが、最近評判になっている「SWELL」が気になったので、先生に頼んで購入してもらいました。

SWELL、これすごいです!シンプルなのにすごく高機能で。
特に、ブロックエディタでの編集がやりやすい!
色々試しているうちに、SWELLに変えようかなと本気で思いました。

でも先に結論を言っちゃいますけど、結局、New Standardを使い続けています。

なんだかんだで、New Standardのほうが使いやすく感じたんですね。
もちろんこれは、個人個人で感じ方に差があるので、一概にNew Standardが優れている!ってわけでもないんですが・・・・

そんなわけで、SWELLとNew Standard、両方使ってみた感想と使い勝手についてご紹介します。それと、私がなぜNew Standardを使い続けているのかという理由も書きますので、興味のある方は読んでください。

SWELLの特徴について。ブロックエディタが使いやすい!

SWELLは、ブログ運営者たちの間で人気が高まっている有料テーマです。
「シンプルなのに、高機能」
というのが売りで、ブロックエディタ(Gutenberg)に完全対応しています。

ブロックエディタ完全対応がスゴイ

最近ブロックエディタを使う人が増えているみたいですね。
SWELLは、ブロックエディタで使える独自のブロックが、すごく充実しています。

  • キャプション付きブロック
  • 関連記事ブロック
  • ふきだしブロック
  • SWELLボタンブロック
  • FAQブロック
  • アコーディオンブロック
  • ステップブロック(タイムライン)
  • バナーリンクブロック
  • 説明リストブロック
  • ABテストブロック
  • 投稿リストブロック
  • フルワイドブロック
  • 広告タグブロック
  • ブログパーツブロック

と、これだけのブロックが用意されています。
ふきだしやアコーディオン、FAQなんかはプラグインを入れなくても使えるのが、ありがたいです。

SWELLのブロック
多彩なSWELLのオリジナルブロック。

おしゃれなサイトが直感的に作れる

フルワイドブロックを使うと、画面幅いっぱいの背景を作れますし、視差効果(パララックス)の設定も簡単にできちゃいます。
これだけで、なんかオシャレ感のあるサイトが作れるのがスゴイです。

SWELLフルワイドなデザイン
流行?のフルワイドなデザインも簡単に作れる。

本当に、HTMLやCSSのことを何も知らなくても、直感的に操作できてしまいます。
TOPページのカスタマイズも簡単で、スライド画像なんかも簡単に設定できます。
とにかく、サクサクと見栄えの良いウェブサイトが作れるのが、SWELLのスゴイところです。

最近、SWELLに乗り換える人が多いのもうなずけました。

SWELLの意外な弱点とは?

SWELLの各機能はすごくて、おしゃれでカッコいいサイトが作れそうなイメージがありますが、実際作り始めると、意外と「デザインセンスが必要?」と思うことがしばしば。

というのも、SWELLは、真っ白な画面に自分でパーツを並べて作っていく方法なんです。
パーツはそれぞれ、デザイン的に洗練されていますけど、センスがないとイマイチなバランスの悪いサイトになってしまうんです。
いろんな機能や装飾を、つい詰め込みすぎて統一感のないデザインになってしまいました。

SWELLで作ったデザイン
SWELLでデザインしてみたものの・・・。いろんな機能があるのはいいけど、デザインセンスがないとバランスの悪いデザインになってしまう。

まあこれは、私のセンスがないだけの話かもしれませんが(笑)。
きれいな装飾を使いすぎると、ごちゃごちゃした印象のデザインになってしまうんです。
デザインって、全体のバランスが大事なんだな〜って、痛感しました。

New Standardの特徴について。初心者でも簡単にサイト構築ができる!

初心者でも短時間でカスタマイズができる

New Standardは、SWELLのようにブロックエディタに対応した独自ブロックは提供していません。

だから、ブロックエディタの画面はすごくシンプルですね。
SWELLのように見栄えの良い(派手な?)機能が使えないので、正直ちょっと物足りない感じです。

ただ、TOPページをはじめ、カスタマイズがすごく簡単で、まったくの素人でも簡単にウェブサイトの構築ができるのがメリットだと思います。

New Standardはデザインセンスが無くてもビジネスサイトがサクッと作れる

New Standardは、デザインフレームが最初から用意されていて、上から順番にカスタマイズしていけば、ちゃんとしたビジネス向けのサイトデザインが出来上がるようになっています。

穴埋め式のテンプレートにはめ込みつつ、さらに自在にカスタマイズができるっていう感じですね。

だから、全くの初心者やデザインセンスが無い人が作っても、格好いいビジネスサイトが作れてしまいます。
実際、私もNew Standardを使い始めたころは、ずぶの初心者でしたから(笑)。

ありがたいのが、「フレキシブルブロック」ですね。
ニュースやコンテンツ一覧、FAQなどを自由に作ることができます。

このあたりは、SWELLよりもNew Standardのほうが使いやすいと思いました。

ビジネスサイトに最適なWordPressテーマはどっち?

ここまで、SWELLとNew Standardの使い勝手についてレビューしてきましたが、私が運営しているのは「社労士事務所」のビジネスサイトです。

だから、ビジネス用のテーマとしてどちらが最適かを検討することにしました。

SWELLの場合

SWELLは個人用ブログだけじゃなく、ビジネスサイトでも多く使われているみたいです。
でも、前述したように、ある程度のデザインセンスは必要になってくると思います。

デザインのバランス感覚とでも言うのかな・・・

だから、デザインセンスの無い私みたいなのがカスタマイズしていくと、なんかイマイチなものが出来上がるんですね。
しかも、色々試行錯誤していくからか、すごく時間がかかってしまいました。

ブロックエディタに完全対応した独自ブロックは、使い勝手が良いと思いますが、でも実際「社労士事務所」のサイトですべての機能を使いません。
正直、「ここまでの装飾や機能はいらないかな」と思いました。

New Standardの場合

New Standardは、SWELLほどブロックエディタでの装飾は出来ません。
でも、初心者がゼロから作っても、しっかりとしたビジネスサイトを作れるのが一番良いところだと思います。

余計な装飾がない分、「カッコいいのを作ろう!」と肩肘張ることもないし、あらかじめ用意されたフレームに沿ってサクサクと設定していくだけです。

もちろん、自分の好きなようにカスタマイズできます。
私が気に入っているのは、「デザインの基本フレームとカスタマイズのバランスがちょうど良い」ところです。
質の良いセミオーダーの服を作るような感覚とでも言うんでしょうか。

New Standardは、もともと個人ブログじゃなくて、企業用サイトとして開発されているので、どの企業にもマッチしたサイトを作ることができるんですね。

CTAが作りやすかったり、FAQページや商品一覧ページも簡単に作れます。
企業サイトで必要だろうという機能も、きっちりと網羅されています。

企業サイトとして考えると、やはりNew Standardのほうが作りやすいというのが、私の感想です。

New Standardで作ったウェブデザイン
New Standardで作ったウェブデザイン。デザインセンスがなくても、カチッと上品なビジネスサイトができる。

SWELLとNew Standard比較まとめ

ここまで、SWELLとNew Standardについて比較をしてきましたが、表にまとめました。

SWELL New Standard
デザイン性 おしゃれで今どきのデザインを作れる。 ビジネスに特化した上品なデザインができる。
カスタマイズ性 HTML、CSSなどの知識不要で簡単にカスタマイズできる。
難点は、自由度が高すぎてデザインセンスが必要?(個人的意見です)
HTML、CSSなどの知識不要で簡単にカスタマイズできる。
初心者でも短時間でセンスの良いビジネスサイト構築が可能。
使いやすさ 直感的に使える。 直感的に使える。
汎用性 個人ブログや企業サイトなど、幅広い汎用性がある。 企業サイトに特化しているので、個人ブログには向かないかも。
でもその分、ビジネス向けの機能が充実。
ブロックエディタ対応 ブロックエディタに完全対応。有料テーマの中ではナンバーワンか!? ブロックエディタは使えるが、WordPress標準機能のみなので、これからのバージョンアップに期待!

以上です。

私は今まで、New Standardを使い慣れていたし、これ以上のビジネス用テーマはないだろうと思っていましたが、SWELLの使い勝手の良さとデザインの良さに、すごく惹かれました。

でもよく考えてみると、ビジネスサイトで一番大事なのは、運用のしやすさと集客です。
New Standardを作った株式会社ninoyaさんは、Web集客コンサルタント会社です。集客については、その道のプロですね。
そのプロが作ったWordPressテーマなので、集客やビジネスサイトに必要な機能はきっちり備わっているし、運用もしやすいのが良かったです。

というわけで、New Standardのほうがウチの事務所には合っていると判断し、New Standardを使い続けることにしたのです。
今回、SWELLと比較することで、New Standardの使いやすさを再認識しました。

以上、WordPressでビジネスサイトを作ろうと思っている方の参考になれば、嬉しいです。

日本語のWordPressテーマおすすめ8選(有料/無料)2021

有料テーマを試して選ぶ新常識

最後にご紹介です。事業用WordPressテーマ「New Standard」では、14日間の無料お試し体験を設けています。有料テーマは買う前に試す。お客さまに購入リスクを負わせないことを大切にしています。

お試し体験では、専用サンプルサイトをお一人ずつお届けします。製品版と変わらないすべての機能をお手元で体験できます。

さらに、今だけの申込者限定の特典もご用意。テーマが気になった方はこの機会を逃さずお試しください。

体験は簡単3ステップ

お申込は記事末尾のフォームから。お客さま専用の体験サイトをお届けします。

1. フォーム申込み
ページ下部のフォームより申し込み

2. アカウント受領
1営業日以内にアカウントをお届け

3. 無料お試し体験
14日間お手元でサイトを自由に編集!

申し込みフォーム

法人名・屋号

氏名*

氏名フリガナ*

メールアドレス*

New Standardへの期待
ご入力いただくと特別な特典をご用意!