【STORKとNew Standard】相反するWordPressテーマを徹底比較!評判通り?違いと使い勝手

\有料テーマを試して選ぶ新常識/
New Standard 14日間無料体験

 

ブロガー向けのWordPressテーマとして評判の「STORK」と、事業向けテーマ「New Standard」をご利用の方に、両者の違いや使い勝手を寄稿いただきました。

よく弊社に問い合わせのあるWordPressテーマ「TCD」と「New Standard」の違いについては次の記事をご覧ください。

【TCDとNew Standard】WordPressテーマ比較!評判通り?違いと使い勝手

日本語のWordPressテーマおすすめ8選(有料/無料)2021

ブロガー向けにはSTORKがおすすめだけど

WordPressテーマSTORK(現在はSTORK19)は、公式ページに記載されている通り「ブロガー専用テーマ」。

これまで20,000人のユーザーが使用した実績があり、ブログ記事を装飾するための多彩なふき出しや、マーカー機能、ボタン、ボックスなどが完備されています。

ブロガー専用テーマだけあり、見た目もポップなデザインが採用されていて、親しみやすい印象。

私は普段、フリーランスのWebライターをしているのですが、本業とは別にブロガーとしても活動しています。

そのため、ブログサイトはSTORKで構築し、ライター用のポートフォリオサイトは国内トップクラスの事業用テーマ「New Standard」を使用。

本記事では、ブログ専用テーマSTORKと事業用テーマNew Standardを使い分けている私が、両者の違いを徹底比較していきます。

目的が異なるからデザインも全く違う

STORKの場合

STORK

出典:STORK 公式ページ

STORKは、ブロガー専用テーマで「誰が使っても美しいデザイン」をコンセプトに開発されています。

ブログやオウンドメディア向けということもあり、トップページのデフォルトデザインは記事一覧がカード表示され、当然ですが記事を主軸としたデザイン。トップページから瞬時に新着記事を確認できます。

STORK

また、全体の印象もブロガー向けなのでポップで可愛らしいデザインが採用され、ブログやアフィリエイトに力を入れたい方におすすめです。

New Standardの場合

New Standard

STORKとは相反するデザインを採用しているのが事業用WordPressテーマ「New Standard」です。

お客様事例200社を突破している国内トップクラスの事業用テーマ。

事業用というだけあり、個人事業主から中小企業までさまざまな業種・業態に対応した洗練されたデザインが特徴です。

ライター用ポートフォリオサイト

上の画像は、私が当時New Standardを活用して作成したライター用ポートフォリオサイトのサンプル。

(現在はNew Standardで作成した別のデザインとなっております。)

デザインが美しく、シンプルな仕上がりなので、ライター向けのポートフォリオサイトには最適です。

清潔感・誠実さなど事業用サイトとして必要な要素が揃っているなと思います。

またサイト全体の配色は、合計8種類から好きなものを選べて、自分色に染めることもできます。

New Standard

もちろんSTORKと同様にヘッダー・メニュー・ラベル・見出し・ボタンなどパーツごとに配色を変更可能。

New Standard

記事の装飾がシンプル

STORKの場合

STORK

出典:STORK 公式ページ

STORKは、ブロガー専用WordPressテーマなので、記事を彩るボックス・ボタン・ふき出し・アイコン・関連記事などさまざまな装飾が可能です。もちろんHTMLやCSSなどの専門知識は一切不要。

ボックスのデザインだけでも数種類用意されていて、さらに配色も6パターン以上と幅広い装飾ができ、記事に合わせて変更できるため重宝しています。

一方で、STORKを使用してから2年が経過しますが、実際には、用意されている装飾をそこまで利用していないことに気づきました。

いつも利用する装飾は、せいぜい2〜3種類ほどなので、STORKの持つ機能を十分に発揮できていないと感じます。

New Standardの場合

New Standard

New Standardの記事装飾は、事業用とうたっているだけありシンプル。

上の記事編集画面を見てわかる通り、ボタンやボックスなど記事を装飾するデザインパーツが、とてもわかりやすく配置されており、ワンクリックで記事に挿入できます。

もちろんクリックするだけなので、HTMLやCSSの専門知識は一切不要。

良い意味で種類が限定されているためサクサクと装飾ができますし、どれを選んで良いか悩むこともありません。

「良い意味で種類が限定」と記載しましたが、これは装飾の種類が不足しているという意味ではなく、事業用に最低限必要な装飾が分かりやすくまとめられているということです。

ボタンの装飾だけでも6パターンありますが、大きさ3パターン(大・中・小)×配色2パターン(カラー・グレー)なので、とても分かりやすく選択に戸惑うことはありません。

New Standardには、事業に集中することを第一に考えた装飾が完備されており、こういった細かいところも好感を持てました。

カスタマイズしやすい

STORKの場合

実はブロガー向けのWordPressテーマSTORKは、記事に重きを置くテーマなのでトップページにスライドショーを設置することができません。

最近のWordPressテーマは、コーポレートサイト・ブログサイト問わず、トップページを柔軟にカスタマイズできる点が魅力の1つですが、スライド画像に限っていえばSTORKには実装されていないのです。

もちろんピックアップスライダーと呼ばれるおすすめ記事をPRするための、スライドショーは完備されていますが、画面いっぱいに広がるスライド画像は存在しません。

STORK

出典:STORK 公式ページ

また、トップページのスライド画像以外のカスタマイズに関しても、固定ページテンプレートなど3パターンほど用意されているものの、カラムを変更できるなどわずかな変更にとどまります。

記事に重きを置く分、柔軟なカスタマイズとはいかないようです。ブロガー専用テーマだけにブログ以外の使い道が限られてしまいます。

New Standardの場合

New Standard

私がNew Standardをインストールして、最初に感動した点はカスタマイズがしやすいという点。

たとえば、トップページにキービジュアル(スライド画像)を設置でき、スライド画像の表示時間も0〜12秒で任意に設定可能。

New Standard

やり方は、以下の通りいたって簡単です。

「WordPress管理画面」→「テーマ設定」→「フロントページ」→「キービジュアル」→「キービジュアル表示を表示する」にクリック。

あとはスライド画像に設定したい画像をアップロードすれば完了です。

また、フロントページの設定から「ニュース」や「コンテンツ一覧」を「表示する」にクリックすれば、作成した固定ページやブログ記事と紐付き、柔軟にトップページをカスタマイズ可能。

New Standard

国内トップクラスの事業用WordPressテーマだけに、業態や業種に応じて柔軟にカスタマイズできて、事業内容を変更する、新規事業をスタートする場合にも対応できると感じています。

カスタマイズ、汎用性の高さが最大の魅力ですね。

STORKとNew Standard比較表

ここまで「STORK」「New Standard」のWordPressテーマ使用経験をもとに、双方の違いや使い勝手について比較してきました。最後に、双方の特徴を表にまとめましたのでぜひ参考にしてください。

STORK New Standard
デザイン性
記事の装飾
カスタマイズ性
汎用性

STORKは、ブロガー専用テーマだけに記事主体のデザイン・装飾が採用されています。記事装飾の豊富さは、魅力のひとつといってもいいでしょう。

その点、New Standardはシンプル。業種・業態問わないデザインが採用され、オウンドメディアにも対応するなど、汎用性の高さに定評があるのもうなずけます。

また私がNew Standardを初めて知ったときに感動した点がサポートの手厚さでした。

たとえば「はじめてセット」という商品メニューがあり、これを購入すると以下の内容が全て含まれています。

  • ドメインの取得(ムームードメイン「3,040円以下」12ヶ月分)
  • サーバの取得(ロリポップ「ライトプラン」12ヶ月分)
  • WordPressのインストール
  • New Standardのインストール
  • テクニカルサポート初月無料

私の知る限り、ドメインやサーバの取得から、テーマのインストール、サポートまで完備したWordPressテーマは初めてです。

しかもテクニカルサポートは初月無料というから驚き。

WordPressやネットに詳しくない個人事業主や企業担当者でも、気軽にWebサイトを構築できる体制が整えられているのがいいですね。

有料テーマを試して選ぶ新常識

最後にご紹介です。事業用WordPressテーマ「New Standard」では、14日間の無料お試し体験を設けています。有料テーマは買う前に試す。お客さまに購入リスクを負わせないことを大切にしています。

お試し体験では、専用サンプルサイトをお一人ずつお届けします。製品版と変わらないすべての機能をお手元で体験できます。

さらに、今だけの申込者限定の特典もご用意。テーマが気になった方はこの機会を逃さずお試しください。

体験は簡単3ステップ

お申込は記事末尾のフォームから。お客さま専用の体験サイトをお届けします。

1. フォーム申込み
ページ下部のフォームより申し込み

2. アカウント受領
1営業日以内にアカウントをお届け

3. 無料お試し体験
14日間お手元でサイトを自由に編集!

申し込みフォーム

法人名・屋号

氏名*

氏名フリガナ*

メールアドレス*

New Standardへの期待
ご入力いただくと特別な特典をご用意!