【AFFINGER5とNew Standard】WordPressテーマ比較!Webライター目線で検証

\有料テーマを試して選ぶ新常識/
New Standard 14日間無料体験

 

フリーランスの方からの問い合わせで多いものの一つが、WordPressテーマ「New Standard(NS)」をポートフォリオサイトとしてのご利用可能かどうか。答えは、以下の記事でご紹介している通り「YES」。

WordPressでポートフォリオを制作!おすすめテーマ3選

今回の記事では、フリーランスで活躍中のWebライターの方に、ポートフォリオサイトを制作する際に検討したWordPressテーマ「AFFINGER5(アフィンガー)」と「New Standard」について率直な感想を寄稿いただきました。

よく弊社に問合せをいただく、WordPressテーマ「TCD」との違いについては以下の記事をご覧ください。

【TCDとNew Standard】WordPressテーマ比較!評判通り?違いと使い勝手

日本語のWordPressテーマおすすめ8選(有料/無料)2021

ブロガー向けにはAFFINGER5がおすすめだけど

私はフリーランスのWebライターとして、主にクラウドソーシングを活用して仕事を受注しています。

そのため私自身のポートフォリオサイトは所有しておらず、クラウドソーシングがポートフォリオを兼ねている状況です。

しかし、Webライターとして5年目のキャリアを歩む中、クラウドソーシング以外のお客様から依頼が増えており、自身のポートフォリオサイトの必要性を実感。

そこで、本腰を入れてポートフォリオに使えるWordPressテーマ選びをスタートしました。

さまざまなWordPressテーマを模索した中で、最初に選択したのがAFFINGER5。

ブロガーには人気のWordPressテーマで、基本のデザインパターンは48種類、可愛いふきだしやボックスなど100種類を超える機能が実装されているテーマです。

HTMLやCSSの専門知識が一切いらず、種類豊富な機能からカスタマイズできる点を魅力に感じました。

しかし、半年運用してみて種類豊富な機能を使いこなせていないと実感

「記事の装飾が多いから選んだテーマだったのに、機能も把握しきれず、これでは意味がない……」

そこで、AFFINGER5の反省点をもとに再びWordPressテーマを模索。

使える機能はもっとシンプルに整理されていて、ライターという職業柄、執筆に集中できるテーマが良いと考えました。

そして、最終的に出会ったのが「New Standard」というテーマです。

試しに使ってみたところ、オリジナリティー溢れるトップページのカスタマイズが簡単にでき、見た目もポートフォリオ向けにとてもシンプル。

最小限必要な記事の装飾がまとめられているから、執筆に集中できました。

私が気に入ったNew Standardのポイントは次のとおり。

AFFINGER5の豊富なデザインパターンとNSのシンプルさ

AFFINGER5の場合

AFFINGER5

出典:AFFINGER5 公式ページ

AFFINGER5は、トップページについて、12色のカラーセットと4種類のデザインパターンが用意されており、合計48種の中からお好きなデザインを選べます。

当初は華やかなブロガー向けのテーマに強く惹かれたのですが、実際に使ってみると、デザインパターンが多くトップページのデザイン選びに難航。

どれを選んで良いかわからない状態となり、シンプルなトップページをイメージしていたのに、徐々にかけ離れたポートフォリオサイトになり試行錯誤する毎日でした。

もちろん、さまざまなジャンルに応じて開設するブロガーにとっては、デザインの豊富さは魅力的だと思います。

New Standardの場合

ライター用ポートフォリオサイト

上の画像は、私が当時New Standardを活用して作成したライター用ポートフォリオサイトのサンプルです。

(現在はNew Standardで作成した別のデザインとなっております。)

New Standardは、デザインがとても美しく、シンプルにまとまっており私の希望通りのポートフォリオサイトに仕上がりました。

New Standard

サイト全体の配色は、8種類から好きなものを特に悩まず選べて、自分色に染めることができます。

どの配色も、淡く美しい色なので、まさにポートフォリオサイト向きだと実感しました。

カスタマイズがしやすい

AFFINGER5の場合

AFFINGER5

出典:AFFINGER5 公式ページ

AFFINGER5は、トップページにも「おすすめ記事一覧」を挿入できたり「ヘッダーカード」といって読者に訴求したい記事へのリンクを画像付きで表示できたりと機能が豊富。

その一方で、機能が多い分、同じトップページでもどこを操作すれば良いのか把握できず、私にとってはスムーズな作業が難しかったです。

New Standardの場合

New Standard

私がNew Standardをインストールして、最初に感動したのがカスタマイズがしやすいという点。

たとえば、トップページにキービジュアル(スライダー画像)を設定したい場合には「テーマ設定」から「フロントページ」をクリックし「キービジュアル表示」を「表示する」にクリック。

あとは設定したい画像を追加するだけ。

もちろんスライドする画像の表示時間も、0〜12秒の間で任意に設定可能です。

New Standard

スライドショーがいとも簡単に設定でき、初心者には本当にありがたいです。

そのほかにも、同様にフロントページの設定から「ニュース」や「コンテンツ一覧」「投稿一覧」をサイトのトップページに簡単に設置できる機能が魅力的。

New Standard

上の画像のようにサイトトップページにポートフォリオサイトで必要な「NEWS」や「サービス」を簡単に設置できます。

たとえば、ニュースを設置したい場合には、ニュースと書かれている項目の「表示」を「表示する」にクリックし、ニュースカラムに表示するタイトルを入力します。

私の場合は「NEWS」としました。あとは、どのカテゴリーと紐付けるかを決めればOKです。

今回はNEWSとタイトルをつけた部分に、投稿記事の「お知らせ」カテゴリーを表示したいので、お知らせにチェックを入れています。

New Standardは、初心者でも直感的に操作可能なのが気に入っています。

ちなみに、トップページをさらに柔軟にカスタマイズしたい場合は、New Standardの「フレキシブルページ」機能を活用すると便利でした。

イター用ポートフォリオサイト

執筆に集中できる

AFFINGER5の場合

AFFINGER5

出典:AFFINGER5 公式ページ

AFFINGER5は、ブロガーにおすすめのテーマなので、記事を彩る自由度の高いデザインパーツが豊富です。

ふきだしの種類も豊富ですし、ボタンの種類もシンプルなものから、キラキラと光るものまでたくさん備わっています。

もちろん記事の内容をわかりやすく訴求する意味では、デザインパーツは重要ですが、ポートフォリオサイトをイメージしている私にとってはたくさんの種類は必要ありません。

記事の編集画面がデザインパーツでごちゃごちゃとしてしまうと、どうしても執筆に集中できないんです。

またライターという職業柄、記事の装飾は最低限に「言葉で魅力を伝えたい」と考えています。

私はこういった観点から、最終的にNew Standardを選択しました。

New Standardの場合

New Standard

New Standardの記事編集画面は、ボタンやボックスなど記事を装飾するデザインパーツが、画像の通り分かりやすくまとまっているからとても見やすいです。

良い意味で項目が最小限。

だから、装飾に気を取られずに執筆に集中できるんです。

AFFINGER5とNew Standard比較表

最後に特徴を表にまとめました。

AFFINGER5 New Standard
デザインの豊富さ
カスタマイズ性
執筆しやすさ
汎用性

私はライターとしてポートフォリオサイトを検討していたので、どうしても「デザイン性」にはこだわりがありました。

デザインの豊富さよりも、ポートフォリオサイトとして清潔感があり、誰でも見やすいシンプルなデザインが理想だったんです。

そういった意味でNew Standardは、私の希望通りのデザインが採用されています。

また、New Standardは機能が豊富とはいきませんが、その分、必要な機能が分かりやすくまとまっており、操作にストレスを感じずにカスタマイズでき、ライターとして記事を執筆する上でも、ストレスなく集中して作業できています。

有料テーマを試して選ぶ新常識

最後にご紹介です。事業用WordPressテーマ「New Standard」では、14日間の無料お試し体験を設けています。有料テーマは買う前に試す。お客さまに購入リスクを負わせないことを大切にしています。

お試し体験では、専用サンプルサイトをお一人ずつお届けします。製品版と変わらないすべての機能をお手元で体験できます。

さらに、今だけの申込者限定の特典もご用意。テーマが気になった方はこの機会を逃さずお試しください。

体験は簡単3ステップ

お申込は記事末尾のフォームから。お客さま専用の体験サイトをお届けします。

1. フォーム申込み
ページ下部のフォームより申し込み

2. アカウント受領
1営業日以内にアカウントをお届け

3. 無料お試し体験
14日間お手元でサイトを自由に編集!

申し込みフォーム

法人名・屋号

氏名*

氏名フリガナ*

メールアドレス*

New Standardへの期待
ご入力いただくと特別な特典をご用意!