カテゴリーとタグの違いとは?特徴と使い分け方法

カテゴリーとタグの違いとは?特徴と使い分け方法

WordPressに備わっている機能、カテゴリーとタグの特徴と設定方法についてご紹介していきます。前回ご紹介した記事の分類にも役立つ一方で、SEO上の効果も見込めます。WordPressを使っているならぜひ活用していきたい機能の一つです。

カテゴリーとタグの違いとは?

まずはカテゴリーとタグの違いについて解説します。どちらも記事の分類をするものなのですが、用途は少し異なります。しっかりと使い分けることができれば、HPでの効果アップも見込めるんです。それではカテゴリーから見ていきましょう。

カテゴリー

カテゴリーとは、HPに投稿した記事をグループ分けする機能のことです。HPにはさまざまな内容の記事がありますから、グループ分けをしておくといろいろと便利なことがあるのです。一番のメリットは、ページを見に来てくれたユーザーが記事を見つけやすくなるということです。

本連載を例にご説明していきましょう。本連載の記事には全て、「オカンでも分かるWP」というカテゴリーが付けられています。連載の記事がひとまとめになっているので、他の回の記事も見つけやすくなっています。オカンでも分かるWPをクリックしてみてください。「オカンでも分かるWP」にカテゴリー分けされている記事、つまり本連載の記事を一覧で見ることができるのです。カテゴリーが便利な理由がおわかりいただけましたでしょうか。

カテゴリー一覧

カテゴリーが重要な理由には、もう一つ大きなポイントがあります。それは、Googleなどの検索結果で上位にランクインするために欠かせないということ。HPを運営しているのであれば、たくさんHPを閲覧してもらいたいですし、その方が効果アップが狙えますよね。だからこそ、検索結果で上位に表示される必要があるんです。カテゴリーを正しく設定することは、検索結果で上位に表示されるための一つの対策になります。

検索結果で上位に表示されるための施策を、SEOと呼びます。SEOにはさまざまな方法があるのですが、カテゴリーや後述するタグを活用することもSEOの一環なのです。

タグ

一方で、タグは記事の内容をあらわすキーワードのことを指します。タグを見ることで、記事に書かれている内容がおおまかにわかります。さらにタグをたどっていけば、ユーザーは探している記事にすぐにたどり着くことができます。

カテゴリーを正しく設定することはSEOになると言いましたが、タグについてもそれは同じ。その他に、関連記事を表示するときにもタグは使用されます。

カテゴリーとタグの使い分け

カテゴリーとタグを使い分けるポイントです。カテゴリーは、複数の記事をまとめるもの。タグは、その記事の内容を示すキーワードです。グループ分けする機能には変わりはないのですが、グループ分けをする大きさが異なるのですね。あとからカテゴリーとタグを変更するのは大変なので、はじめからしっかりと使い分けをしていくようにしてください。

カテゴリーとタグの使い方

カテゴリーとタグの設定方法

詳しくは次回の記事でご紹介しますが、カテゴリーとタグの設定方法について簡単に確認しておきましょう。何通りかの方法があるのですが、今回は記事を投稿するときの画面でご説明します。WordPressの管理画面にログインしたら、画面左側のメニューから「投稿」、「新規追加」の順に選択していってください。

新規投稿をする

記事の投稿画面が表示されました。

記事の投稿画面

画面の右側を見てみてください。カテゴリー表示がありますね。記事のカテゴリーはここから選択します。

カテゴリーの選択

さらに下を見ると、タグの入力欄があります。記事に指定するタグは、ここで入力をします。

タグの入力

カテゴリーとタグの追加方法

現在はカテゴリーもタグもひとつも設定していないので、投稿画面では何も表示されていません。カテゴリーとタグを追加する方法についてもご紹介しておきましょう。

カテゴリーの追加

カテゴリーを追加する方法です。管理画面の左メニューで「投稿」、「カテゴリー」の順に選択してください。

「カテゴリー」を選択する

カテゴリーの管理画面が表示されました。

カテゴリーの管理画面

表示された画面で、カテゴリーの名前を入力して「新規カテゴリーを追加」をクリックします。これでカテゴリーが新規追加できます。

タグの追加

タグを追加する方法です。管理画面の左メニューで「投稿」、「タグ」の順に選択してください。

「タグ」を選択する

タグの管理画面が表示されました。

タグの管理画面

タグの名前を入力して、「新規タグを追加」をクリック。これでタグの新規追加ができます。

スラッグって何?

カテゴリーとタグは追加できたのですが、追加画面に「スラッグ」という項目がありました。スラッグとは、URLの一部になる文字列のことです。

先ほどの例を使ってご説明しましょう。本連載の記事は、下記のURLから一覧で確認できます。

http://newstd.net/category/wordpress

URLの末尾、「wordpress」の部分がスラッグです。カテゴリーとタグを作成するときに設定したスラッグが、URLに表示されることになるのです。

スラッグを設定するときの注意点なのですが、日本語ではなく英単語を使うようにしましょう。日本語を使ってしまうと見栄えが良くないことに加えて、URLの文字列が長くなってしまうことがあります。文字は半角英数を使うようにして、カテゴリーやタグの内容を適切に表現するスラッグにしてください。

あとがき

今回までで、WordPressで記事を投稿する準備が整いました。いよいよ次回の記事では、記事を投稿する手順についてご紹介していきます。

事業用 #WordPress サイトをプロと3時間で作るワークショップ vol.15

毎回大人気のワークショップ、次回は10/21(土)14時に開催が決定しました。デザインも集客も妥協しないホームページを私たちとつくりましょう。

ファーストビュースタイル

コーナースタイル

カラー

※製品版では自由に配色を選べます

ヘッダー表示