New Standardのフッターの編集方法について

サイト全体の重要な要素を補完するページ最下部「フッター」の編集方法についてご紹介します。

 

 

サイトマップを出したい

フッターに、このような簡易的なサイトマップを表示する方法をご紹介します。

【変更方法】
WordPress管理画面>外観>ウィジェット

こちらの「利用できるウィジェット」内の「テキスト」ウィジェットを、「フッター1」内にドラッグします。

すると「フッター1」内にテキストウィジェットが追加されました。

テキストウィジェットの「タイトル」に任意の文言を入力し、本文内にテキストでサイトマップを文字で入力します。

【例】
テキスト丨テキスト丨テキスト丨テキスト
※縦棒 丨 は「縦」と変換すれば出てきます。

サイトマップの文字にそれぞれリンクを貼ります。最後に「保存」ボタンをクリックします。

このように表示されます。「フッター1」では、PC画面向かって左側のフッターが表示されます。

 

会社概要を出したい

フッターにこのような会社概要を出していきます。

【変更方法】
WordPress管理画面>外観>ウィジェット

「会社概要・お問い合わせ」ウィジェットを、「フッター1」にドラッグします。

「会社概要・お問い合わせ」ウィジェットに「会社概要」「お問い合わせ」のチェックボックスにチェックし、本文の中身に会社概要の文章を入れ、最後に保存ボタンを押します。

会社概要が、このように表示されます。「お問い合わせ」ボタンのリンク先については、WordPress管理画面>テーマ設定>サイト設定内の「問合せページURL」内のアドレスとなっています。

ちなみにですが、ご覧のようにウィジェットの「フッター1」が画面向かって一番左、「フッター2」が中央、「フッター3」が一番右に配置されます。

 

SNSを埋め込みたい

フッターにSNSを埋め込む方法をご紹介します。今回はTwitterを例にしてみます。

「テキスト」ウィジェットをフッターにドラッグします。

ドラッグした「テキスト」ウィジェットにタイトルを入力、テキストタブに切り替え、本文にTwitter埋め込みURLをペーストし、保存ボタンをクリックします。

なお、Twitterの埋め込みについては、こちらのページで詳しく記載されているので、ぜひご参考下さい。
http://ninoya.co.jp/ninoya_log/design_sell/3062

また、この埋め込みURLの方法は、Instagramやfacebookなど各種SNSにも応用することができます。

 

Google MAPを埋め込みたい

フッターにGoogle Mapを埋め込む方法をご紹介します。

先ほどのSNSの埋め込みと同様に、「テキスト」ウィジェットをフッターにドラッグします。

タイトルを入力し、テキストタブに切り替えてGoogle Mapの埋め込みHTMLを入力し、保存ボタンをクリックします。

また、Google Mapの埋め込みHTMLなど詳細につきましては、下記ページをぜひご参考下さい。

WordPressにGoogle Mapを埋め込む方法

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?フッターの編集方法についてまとめます。

  • フッターは、外観>ウィジェット内より編集
  • 「テキスト」ウィジェット内にテキストとリンクを貼ることによって、簡易的なサイトマップができる
  • 会社概要を表示させるには「会社概要・お問い合わせ」ウィジェット
  • ウィジェットの「フッター1」は一番左の要素、「フッター2」は中央の要素、「フッター3」は一番右の要素
  • ブログの新着を表示するには「最近の投稿」ウィジェット
  • SNS埋め込みやGoogle Map埋め込みは、「テキスト」ウィジェットより。埋め込みURLをペーストする際には「テキスト」タブに切り替える

以上、ぜひお試し下さいね。

事業用WordPressサイトをプロと3時間で作るワークショップ vol.20

初心者大歓迎! プロとともに集客にもデザインにも妥協しない事業用WordPressサイトを3時間で仕上げる大人気ワークショップ。月に1回ペースで開催しています。

ファーストビュースタイル

コーナースタイル

カラー

※製品版では自由に配色を選べます

ヘッダー表示